FC2ブログ

19'11 京都府警 “負の連鎖” 児童買春、詐欺、大麻、漏洩…逮捕者4人相次ぐ

警察官が次から次へと…

会ったことのない15歳の女子高生に上半身裸の写真を撮らせ、スマホに送信させたとして、京都府警亀岡署の竹橋翔平巡査部長(26)が先月29日、児童買春、ポルノ禁止法違反の疑いで広島県警に逮捕された。SNSで兵庫県在住の女子と知り合い、18歳未満と知りながら「裸を自撮りして送って」と頼み、写真6点と動画2点を送らせた。

「5月上旬、広島に住む別の10代の女の子の親から相談があり、9月に竹橋宅をガサ入れすると、少女数人の裸のデータが出てきた。フォルダーに複数の名前をつけ、きちんと整理していた」

■始まりは幹部の自殺

 京都府警の警察官の逮捕は今年4人目。不祥事の始まりは、今年2月の幹部の自殺だ。京都市北区の雑木林で木津署の江河和彦署長(60)の遺体が発見された。数百メートル離れた府道に止めてあった車に遺書が残っていた。

「直前に週刊誌が祇園のクラブでボーイをしていた息子の金銭トラブルを報じた。店の酒を無断で転売したのがバレ、署長が連帯保証人になって返済することになったが支払いが滞り、訴訟沙汰に。署長は定年退職の約1カ月前に、自ら命を絶った」(前出の捜査事情通)

 6月には山科署の高橋龍嗣巡査長(38=当時、以下同)が一人暮らしの78歳の男性から現金約1180万円をダマし取り、詐欺容疑で逮捕された。

「寄付のため多額の現金を下ろそうとしていた男性を心配した金融機関の職員が通報し、駆け付けたのが高橋。男性から多額の現金が自宅にあると聞くと、『危ないから預かっておく』と言って500万円を持ち帰った。さらに、金融機関に電話をかけ、警察官を名乗って『男性が引き出したいと言っている』と嘘をつき、680万円を着服した」

 7月に大麻取締法違反の疑いで逮捕された警察学校初任科生の梅北亘巡査(23)は、柔道の世界ジュニア選手権優勝者。術科指導員の特別枠で採用されたが、学生時代から大麻を常習、警察学校で同期の腕時計を盗むなど窃盗癖もあった。

 9月には、知人に逮捕予定日を漏らしたとして、東山署の池田大助巡査長(40)が地方公務員法違反の疑いで逮捕。

「見返りに受け取った現金200万円をパチンコなどに使うとった。奥さんと子供4人と質素ながら田舎で幸せそうな暮らしをしとったんやけどな。接待やら何やらされて、金に目がくらんでもうたんやろな」(知人)

 一度失った信頼を取り戻すのは、たやすいことではない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード