FC2ブログ

18'3 警視庁 新宿署 毒女巡査 暴力団員に身を任せ快楽 そのうえ捜査情報を漏らす。




★発覚の端緒
「男の弟が別件で逮捕され、取り調べで、『俺のアニキはヤクザで、そのオンナは刑事だぞ』と言い出した」

★父も警官の厳格な家庭の女巡査

女巡査の父親は警視庁生活安全部生活経済課の現職警部。キャリアではないが、生活経済課は生安部の花形部署。
父親が『デキる』捜査員だということもあり期待されていた」と。

★女巡査は合気道有段者で美人


 警部の父親を持ち、厳格な家庭で育った女巡査。
合気道有段者で勝ち気な性格。

メガネをかけているものの、目鼻立ちはくっきりしており、かなりの美人だという。
高校時代の友人は語る。

「高校生の頃は、おとなしいタイプでしたが、顔が当時AKB48で人気のあった板野友美さんに似ていたため、
クラスでは『ともちん』と呼ばれていた。

水泳部に所属しており、部活動には熱心に取り組んでいたので、夏の水泳の授業では目立ってたと。
泳ぎが速いということもあり、彼女の水着姿に釘付けになる男子も」

★男との出合い
 出会いは取調室の中だった。窓のない狭い部屋の中で向き合う二人。一目惚れしたのは女のほうだった。
「見習い」として取り調べに立ち会った女巡査は、男の威圧するような鋭い目に動くことができなくなった。
2017年、季節は夏。

 そもそも二人はなぜ交際することになったのか。当時、女巡査は留置管理課に所属していたが、かねてより組織犯罪対策課への配属を希望しており、前年7月から「見習い」として組織犯罪対策課の捜査の講習を受けていた。

「23歳で新宿署という大規模署の組対の見習いを認められたのは、将来を嘱望されていたから。
男の取り調べに立ち会ったのは「組対」での講習が始まって間もないころ。まだ経験も少ない取り調べの現場。
緊張していたことは想像に難くない。

★相手の男


住吉会三次団体の32歳の独身組員。

「EXILEにいても、おかしくないような色男で、その組のイケメンと言えば真っ先にその男が思い浮かぶほど。
趣味はキックボクシングでガタイがよく、背も高かった」と。

真面目に生きてきた女巡査の前に突如として現れたイケメンヤクザ。
自分とはまったく違う境遇の男と恋に落ちるのに時間はかからなかった。

10月下旬のこと、最初に男に公用の「携帯電話」で連絡をとったのは女巡査のほうだった。
「月が変わり、今度は男が頻繁に電話するようになり、ことあるごとにデートに誘った。

女巡査は警察官という身分上、最初は断っていたものの、何度も誘われるうちに、11月下旬に初めて食事をした。
その際、交際を求められ、そのままホテルへ直行、ヤクザの巧みなセックスにハマり込み、タダのセックス好きな女に。
 
そうした女の様子を男が見逃すはずはなかった。
会う度にセックス、その内に性交中の写真や動画を撮られても平気になった。

男は組仲間などに女巡査とのセックス写真や動画を自慢げに見せ、その界隈では評判となった。
(男の供述によると、ヤクザ流のセックスで攻めまくり、悶える女巡査を長時間、もてあそんだ様子)

こんな事で女巡査はセックス好きのタダの女と化した。

年が明け、男の要求はさらにエスカレートしていった。
カネを無心するようになった。
額は数万円から数十万円とどんどん膨れ上がり、その総額は100万円にものぼった。

★男に捜査情報を漏らす
 男は女巡査に「自分が捜査対象になっている事件はあるか」としつこく尋ねる様になって来た。
「捜査情報を教えれば、男も交際の事実を黙っていてくれるのではないか」

上司の目を盗み、こっそりと捜査書類を覗き込んだ。
すぐに男に電話をかけて、事件の罪名、捜査の進捗状況を教えた。

★発覚 懲戒処分
「男の弟が別件で逮捕され、取り調べで、『俺のアニキはヤクザで、そのオンナは刑事だぞ』と言い出した」
そこで新宿署は女巡査について張り込みも含めた捜査を開始した。

さらにこの捜査の過程で新たな事実が発覚することとなる。
内偵捜査が入り、行動確認していたところ、

女巡査が現職の警視庁の警察官と一緒にホテルに入るところを目撃された。


しかも、その現職警察官は妻子持ちで、いわゆる不倫であった。

その後、警視庁が事情聴取したところ、女巡査はすべてを認め、秘密漏洩が発覚した。

★18年3月19日。警視庁の女巡査(23)は停職6か月の懲戒処分を受けた。
処分の理由は捜査情報を漏らしたとする地方公務員法違反容疑。

処分と同時に同日、書類送検もされ依願退職した。
漏らした相手が警察組織にとって大問題だった。
警察と敵対する暴力団員だったからである。


「週刊現代」2018年4月7日号より


★女巡査は警務部人事一課監察係の聴取に事実関係を認め「交際が発覚すると
警察官を続けられなくなると思ったが、情報を教えれば黙ってくれると考えた」などと供述しているという。

女巡査は2018年1月頃、組員から金の無心を迫られたことをきっかけに、交際をやめたとも説明している。
18年3月19日。警視庁の女巡査(23)が停職6か月の懲戒処分を受けた。

処分の理由は捜査情報を漏らしたとする地方公務員法違反容疑。
警視庁は、上司の課長など4人についても所属長注意など

「警察に対する信頼を失墜させる行為であり厳正に処分した。再発防止に努めたい」とコメントした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード