FC2ブログ

18'7 高知県警 1人の女警官をめぐるトリプル不倫




不倫発覚のきっかけは、高知県警内の内部告発。

◆事の概要
女巡査は2017年12月から2018年6月にかけて、
「3人が既婚者と知った上で、個別にセックスしていた」前代未聞の破廉恥な警察不祥事。

女巡査は、3人の男巡査長と不倫関係にあったものの、3人と“同時並行”では無く。
1人との関係が終わると、また次の男へと移っていった。

3人の男巡査長は他の男との不倫の事実を知らず、
女巡査と『不倫関係にあるのは自分だけ』という認識だった。

◆懲戒処分
 高知県警監察課は、いずれも7月8日付で不倫関係にあったとして
20代の女巡査を本部長訓戒、
20~30代の男巡査長の1人を本部長訓戒、他の2人を本部長注意に。

◆署内での噂
「処分された女巡査、男巡査長3人は真面目な人柄で知られていたという。
決して派手なタイプではない。
警察内では『あの人たちが、まさか不倫していたなんて』と。

◆女巡査は“接する距離が近い”タイプ
女巡査は話をするときなど“接する距離が近い”タイプで、仕草などが女性らしいという。
『あの距離感で飲みに行ったら、好きになってしまうのも頷ける』と。

女巡査は所轄署勤務。
女巡査ははじめの処分を受けた後、事件が少ない余裕のある警察署に飛ばされている。

女巡査は同じ巡査長との不倫で処分されており、今回で2回目の処分。

「3人の男巡査長を手玉に取る、典型的な『毒女(どくじょ)』の女巡査」


◆3人の巡査長に共通しているのは真面目なことで、悪く言えば“指示待ち人間”。
3人とも積極的なタイプではない。

ただ、3人の男巡査長のうち1人は、以前にも同じ女巡査との不倫関係で本部長注意処分を受けている。その後、関係は切れず、今回が2回目ということで、本部長訓戒処分。

▼「女巡査は男巡査長に対して『遊び相手という思いはなく、真剣に好きになってしまい、真剣な交際に至った』と。

また、男巡査長らも妻子がいるものの、同じく『遊び相手を探していたわけではない』と。

◆ 土佐の男は「いごっそう」、女は「はちきん」だという。いごっそうとは土佐弁で、気骨があり信念を曲げない性格。そして、はちきんは「向こう見ずで勝ち気な女性」を指す。

「はちきんは、漢字で『八金』と書く。つまり、“8つの睾丸を手玉に取る女”。男勝りで、性的なバイタリティに溢れる気質、そうしたニュアンスが含まれています」



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード