FC2ブログ

20' 5、11 兵庫警察署長 建造物侵入罪で刑事告発 受理!





◆令和2年5月11日 兵庫警察署長 建造物侵入罪で刑事告発 受理。◆



▼5月11日午後3時、兵庫警察署 刑事課から「刑事告発の件、受理しました、今後は兵庫県警本部刑事部で捜査します」との電話連絡があった。▼



                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




◆令和2年5月8日 兵庫警察署長に建造物侵入罪で刑事告発。◆





   住所 京都府京○○市大○○3
     氏名 ○村 ○智
     昭和○○年10月○○日生(○○歳) 
     職業 無職 
     電話 090-4xxx-xxx

▲告 発 人▲




   A,元兵庫県警 兵庫警察署勤務 地域二課長
      警部 男 40代 以下不詳
   B,元兵庫県警 兵庫警察署勤務 地域課
      巡査 女 30代 以下不詳

▲被 告 発 人▲




   被告発人A,Bは、刑法第130条(建造物侵入)、同法第60条(共犯)に該当すると思料される。

   また被告発人Aは地域課の指導監督の責任者であり、部下を指導監督等する立場の課長で有る。

   更に当直長としての勤務中であるのに、他の当直員が仮眠等で庁舎の監視が不十分なのを狙い犯行
   に至っており、計画的で極めて悪質であるから厳重に処罰されたく告発する。

▲第一、告発の趣旨▲




   被告発人A,Bは、2017年7月8日午前5時ころ兵庫警察署において当直勤務中、他の当直勤務員が
   仮眠中などで庁舎の監視不十分だった隙を狙い、武道場更衣室に公務を装い侵入し、同室内において
   性行為をしたものである。
▲第二、告発の事実▲



   兵庫県警が「当直勤務中に部下の女巡査と署内で性行為をしたとして兵庫署地域二課長らを懲戒処分にし、    
   また二人は事実関係を認めている」との報道。
   等から犯罪事実を認知、告発にいたった。
▲第三 告発に至る経緯等▲




              ・・・・・・・・・・・・・


◆建造物侵入罪になるか?◆
其の日の当直責任者が庁舎内の各室内に入る行為は違法となるか?

▼警察学校の初任科生の答え▼」
「正当な理由が無ければ」違法となる。
ましてやセックスが目的での入室で有れば当然、罪になる。

この問題は議論の余地無し。

▼ところが兵庫県警だけは「法を知らず」か「無関心」▼

全く捜査していない。

刑法130条
(住居侵入等)
第百三十条  正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

1、住居侵入の構成要件は、正当な理由がなく、人の住居、人の看守する邸宅、建造物に侵入することにより既遂となる。

2、警察施設内の各室は建造物に含まれる。

3、「侵入」とは、判例によれば、住居等の管理者の意思に反した立ち入り行為。

4、「人の看守する」とは、人による事実上の管理・支配を意味する(最判昭和59年12月18日刑集38巻12号3026頁)。


従って、男警部と女署員の行為は明らかに「建造物侵入罪」となる。


◆刑訴法250条2項の公訴時効が適用される犯罪◆
6号 住居侵入 刑法130条 
公訴時効 3年
間もなく公訴時効

◆兵庫県警の意図的? な幕引き!◆
警察学校初任科生でも、「建造物侵入になる」と即答する。

されど、この事件を認知した警察幹部は、建造物侵入罪については無視、懲戒処分のみで「一件落着」と。
意図的に? 早々に幕引きにしてしまっているのだが。


               ・・・・・・・・・・・・・・・

◆この地域二課長らの懲戒処分、極めて軽い処分であった!◆

この課長、警部(39)が減給の懲戒処分、部下の女巡査(30)が本部長訓戒の処分を受けた。


◆当時のマスコミ報道◆


★不倫関係
2人は不倫関係で、勤務時間中の7月8日午前5時ごろから約30分間、署内の道場に隣接する個室で性行為をし、
職務を怠ったと。

「悩みを相談し合っているうちに、盛り上がってしまった」と本人たちは話している。

★当直中に警察署別棟で性行為 警部と部下を処分

 当直勤務中に部下の女と職場で性行為をしたとして、兵庫県警は22日、当時、兵庫署地域2課長だった男警部(39)を減給10の1(3カ月)の懲戒処分にし、発表した。警部は既婚者で、この日は署の当直責任者だったという。部下の女巡査(30)も本部長訓戒の処分を受けた。

 監察官室によると、2人は同じ課に勤務していた5月下旬ごろから交際。2017年7月8日午前5時ごろ、兵庫署の別棟にある道場の更衣室で性行為をしたという。2人は県警の調査にこれらを認め、ともに「互いに悩みを相談するうちに好意を持った」という趣旨の説明をしているという。



▼「盛り上がってしまって…」当直中署内で性行為 女性巡査が不倫相手と


 勤務中に警察署内で部下とみだらな行為をしたとして、兵庫県警は22日、元兵庫署地域2課長の男性警部(39)=現・生活安全企画課=を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。部下の女性巡査(30)は本部長訓戒とした。

 県警によると、男性警部は今年5月下旬から独身の女性巡査と不倫関係を続け、共に当直勤務をしていた2017年7月8日午前5時ごろ、2人で職場を抜け出し、同署の武道場更衣室で性行為に及んだとされる。

 2人は「悩みを相談し合っているうちに好意を持ち、盛り上がってしまった」などと話しているという。

 倉野喜朗監察官室長は「警察官として言語道断の行為であり、誠に遺憾。今後さらに指導・教養の徹底に努める」とコメントした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード