スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11'7 警視庁 虚偽報告書で捜査打ち切り、巡査部長を書類送検

管理人一言コメント・訳の分らん警官の多いこと。

        ・・・・・・・・・・・・・

 被害者が継続捜査を望まないとする虚偽の報告書を作り、ひき逃げ事件の捜査を打ち切ったとして、警視庁は8日、戸塚署交通課の巡査部長(53)を虚偽有印公文書作成・同行使の容疑で書類送検した。

 巡査部長は停職1か月の懲戒処分を受け、同日付で辞職した。

 発表によると、巡査部長は今年3月中旬、東京都新宿区で昨年10月に発生した軽傷ひき逃げ事件について、被害者の20歳代の男性が継続捜査を望まないとする虚偽の報告書を作成。翌4月上旬、被疑者不詳のまま東京地検に書類送検し、捜査を打ち切った。検察官が同月中旬、男性に電話で確認して発覚した。同署は男性に謝罪し、捜査を継続しているという。

 同庁では2008年10月から、けがの程度が1か月未満で、半年以上未解決の軽傷ひき逃げ事件については、被害者が処罰や継続捜査を望まない意向を示した場合に限り、捜査を打ち切る制度が導入されていた。巡査部長は「長期未処理だと本庁に報告しなければならず、捜査が不十分だと指摘されると思った」などと話しているという。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。