11'8 京都府警 山科署 巡査長「パワハラでうつ病に」 上司の警部告訴

管理人一言コメント・京都府警は職場でのいじめの多いところだ!!

           ・・・・・・・・・・・・・・

 上司のパワーハラスメントが原因でうつ病になったとして、京都府警山科署刑事課で勤務していた30代の男性巡査長が、上司だった40代の男性警部に対する傷害容疑の告訴状を京都地検に提出したことが、7日までに関係者への取材で分かった。

 巡査長と警部は現在、別部署に異動している。

 告訴状によると、警部は刑事課長代理だった昨年7月~今年1月、山科署刑事課の部屋で巡査長に「おまえは必要のない人間や」「行儀が悪い人間やと本部でも有名や」などと課員の前で数十分間怒鳴り、巡査長の書類のみを執拗(しつよう)にチェックし、怒鳴る嫌がらせなどを繰り返した。

 巡査長の妻をばかにする発言もあり、反応性うつ病の傷害を負わせたとしている。巡査長は「重症で3~4カ月の休養が必要」と診断され、現在も手の震えや頭痛、動悸(どうき)が続いている、という。

 警部は京都新聞の取材に「何も話すことはない」としている。

 パワハラに詳しい同志社大社会学部の寺井基博准教授は「規律が求められる警察は指導の在り方が企業と異なるのは分かる。ただ傷害容疑の告訴申し立ては異例で(告訴状の内容通りならば)指導の在り方を考える時期にきているのかもしれない」と話す。

             ............................

★パワハラで警部を告訴 ・ 京都府警巡査長

 京都府警の30歳代の男性巡査長が、山科署に勤務していた昨年7月~今年1月、上司の40歳代の男性警部から暴言を吐かれるなどのパワーハラスメントを受けてうつ病になったとして京都地検に傷害容疑の告訴状を出していたことがわかった。警察組織は規律や上下関係が一般企業などより厳しいとされるが、上司の叱責を告訴するのは異例。

 府警関係者などによると、当時、巡査長は同署刑事課に所属、警部は刑事課長代理で、巡査長は職務などに関し、警部から執拗(しつよう)に怒られるなどしてうつ病になったという。2人は今春、それぞれ別の部署に異動した。

 府警監察官室は「調査中で、個別の案件にはコメントできない」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seigi002

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード