14'12 北海道警 セクハラで警視を降格 道警、署長にパワハラ疑惑も

管理人一言コメント・この種不祥事の多いこと。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 道警は24日、セクシュアルハラスメント行為をしたとして、函館方面本部交通課前課長の吉泉丞(すすむ)警視(56)=函本付=を減給10%1カ月の懲戒処分とし、警部に1階級降格させた。道警が地方公務員法に基づき、本人の同意を得ない「分限処分」で降任させるのは初めて。 

 道警監察官室によると、吉泉警部は函本交通課長に就いた今年3月以降、女性に性的な発言を繰り返し、複数回身体に触れた。「これくらいなら大丈夫と考えていたが、大変申し訳なかった」と話しているという。11月に監察官室に通報があり発覚。吉泉警部は来年1月7日付で、旭川方面本部警務課主監に異動する。

 また、道警は根室署長の望木(もぎ)勝雄警視(59)が部下にパワーハラスメント行為をした疑いがあるとして、25日付で釧路方面本部付に異動させる人事を発表した。道警警務部は「事実関係の調査に伴い、業務に支障が出るため人事措置を講じた。具体的な内容は明らかにできない」としている。

14'12 沖縄県警 那覇署で捜査用カメラ紛失 容疑者ら画像66枚記録

管理人一言コメント・保管管理の徹底を。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・

 那覇署は24日、窃盗事件を担当する刑事三課で使用していたデジタルカメラ1台とこのカメラに入っていたマイクロSDカードが紛失したと発表した。

 SDカードには窃盗事件の捜査現場で写された容疑者や被害者ら17人の姿や証拠物件などの画像66枚が記録されていた。

 紛失などに備えてカメラを持ち出す際にはデータを消去する決まりだが、9月中旬に消して以来、紛失するまで消去を怠っていた。

 同署によると、画像は既にプリントアウトされ捜査書類に添付されており、今後の捜査に支障はないという。外部に持ち出された可能性もあり、同署は紛失者の特定を進めている。

 那覇署によると、16日、30代の男性巡査長が同課内でカードの画像を印刷し、カメラをそばに置いた後に行方が分からなくなっている。このカメラを普段使っている20代の男性巡査部長が17日、保管庫にないことに気付き、紛失が発覚した。同署は画像に写っていた関係者を訪ね謝罪している。喜屋武邦夫副署長は「今後同じような事案がないように管理指導を徹底していく」と話した。




14'12 愛知県警 パトカーで当て逃げ 男性巡査部長を容疑で書類送検

管理人一言コメント・何でも不祥事。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

 パトカーでトラックを当て逃げしたとして、愛知県警が道交法違反容疑で、西枇杷島署地域課の男性巡査部長(37)を書類送検したことが22日、県警への取材で分かった。

 送検容疑は10月23日午前5時45分ごろ、同県豊山町の国道41号交差点で、信号待ちをしていた大型トラックの後部に接触し、そのまま立ち去った疑い。トラックの男性会社員(39)=岐阜県瑞穂市=にけがはなかった。

 後続車の運転手が目撃し110番。巡査部長は「居眠りをした感覚があったが、ぶつかったとは気づかなかった」と説明し、トラックの男性にも事故の認識はなかったという。巡査部長は当時、交番勤務の当直明けで、署に戻る途中だった。

14'12 神奈川県警 警部補を逮捕 自分の股間付近を触った疑い、

管理人一言コメント・何か、こんなことばかり。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警は22日、電車内の女性の前で自分の股間付近を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、大和署地域1課の警部補、近藤隆之容疑者(43)を現行犯逮捕した。

 県警によると「そんなことはやっていません」と容疑を否認している。女性の証言から逮捕の必要性があると判断したという。

 逮捕容疑は22日午後5時55分ごろから約20分にわたり、小田急江ノ島線大和-藤沢間で、大学4年の女性(21)の前に立ち、自らの股間付近をズボンの上から触るなどした疑い。

 県警によると、藤沢駅で被害を訴えた女性と口論になり、駅から約100メートル立ち去ったところ、付近にいた男性が取り押さえた。帰宅途中で、飲酒はしていなかった


14'12 京都府警 亀岡署 交通巡査 「上司に怒られる」、マイカー接触を放置

管理人一言コメント・警官は子供みたいだ、アホらしい。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自宅マンションの駐車場で自家用車が隣の車と接触したことを知りながら、所有者に報告しなかったとして、京都府警が亀岡署交通課の20歳代の男性巡査を本部長訓戒としていたことがわかった。

 11月20日付。巡査は同日、依願退職した。

 府警監察官室によると、巡査は9月7日朝、車で出勤する際、左隣に駐車していた乗用車の前部をこすり、バンパーを損傷させた。被害に気づいた所有者の女性が同日、110番。府警が巡査から事情を聞いたところ、接触を認めたという。

 駐車場が私有地であることなどから、府警は道交法違反(事故不申告)には該当しないと判断。巡査は「事故を起こし、上司に怒られるのが嫌だった」と話しているという。府警監察官室は「職員の倫理教養を徹底する」としている。

14'12 警視庁 パトカーの無謀追跡で巻き添え事故 女子大生が死亡

★天秤にかけると・結果として人の生命身体 財産等に重大な被害を与えておりパトカーの追跡は著しく妥当性を欠くことになる。

管理人一言コメント・今や危険ドラック吸引運転より、パトカーの無謀追跡が恐怖。無謀追跡で巻き添え死亡事故、警察は国民の安心、安全の為の警察活動をしているのか。
 今回は反則行為の軽微な違反を無謀に追跡、その結果、巻き添えで死亡事故となっている、巻き添え事故については警察が責任を取れ!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 20日午前9時25分ごろ、東京都葛飾区西新小岩1丁目の都道で、パトカーが追跡していた乗用車に女性がはねられ、病院で死亡が確認された。

 警視庁葛飾署は運転していた男を現行犯逮捕した。

 葛飾署によると、亡くなったのは、大学生石井佑実さん(21=千葉県市原市)。男は、会社員石原雅也容疑者(22=自称葛飾区)。

 葛飾署の警察官がJR新小岩駅前で右折禁止の場所を右折する乗用車を見つけ、停止するよう求めてサイレンを鳴らして追跡中だった。乗用車は約450メートル走行し、横断歩道を渡っていた石井さんをはねた。

 葛飾署の中根康太郎副署長は「現時点では追跡は適切だったと考えているが、捜査の中で明らかにしたい」と話した。

 石井さんは都内の私立大に通っているという。

14'12 岐阜県警 捜査用車両に男性はねられ死亡

管理人一言コメント・常に安全運転で。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 20日未明、岐阜市で道路を横断していた75歳の男性が警察の捜査用車両にはねられて死亡し、警察は運転していた23歳の巡査から話を聞くなどして事故の原因を調べている。

 20日午前1時半ごろ、岐阜市六条福寿町の県道を歩いて横断していた男性が、警察の捜査用車両にはねられた。
はねられたのは、岐阜県大垣市の不動産会社経営、松岡朝雄さん(75)で、松岡さんは病院に運ばれたが、頭を強く打っていてまもなく死亡した。

 警察によると、事故を起こしたのは岐阜北警察署の車で、所属する刑事一課の23歳の巡査が運転していた。

 車には岐阜県警察本部捜査一課の35歳の巡査部長も乗り合わせ、事故当時は赤色灯をつけておらず、サイレンも鳴らしていなかった。

 現場は片側2車線の直線道路で、警察は運転していた巡査から話を聞くなどして事故の原因を調べている。

 事故について、岐阜北警察署の佐名健太署長は「警察官が死亡事故を起こしたことは大変遺憾で原因は捜査で明らかにします」とコメント。

14'12 長野県警 警備1課で着服か 男性警部、懇親会費10万円余

管理人一言コメント・この種犯罪の多いこと。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 公安事件の捜査などを担当する県警警備1課内の懇親会費用などとして、課員から集めた金を着服した疑いがあるとして、県警が今年3月まで同課に勤務していた男性警部を調べ、懲戒処分を検討していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。着服したとみられる額は、少なくとも10万円を超えるという。

 警備1課は県庁9階にあり、今年3月上旬に課内の金庫から捜査の経費などに充てる捜査費86万5千円がなくなる盗難事件があった。県警はこの事件の捜査で当時同課に勤務していた警察官ら約70人を調査。聞き取りのほか、金融機関の個人口座も任意で調べたという。

 この過程で、警備1課が懇親会などに使う目的で課員から定期的に集金していた金の一部が使途不明になっていることが発覚。集金を担当していた警部が着服した疑いが浮上したという。

 県警によると、警部は今年3月の定期異動で県内の警察署警備課に異動した。現在はこの警察署に出勤していないという。

 県警は公金である捜査費の盗難事件にこの警部が関与した疑いはないとみているが、現金の管理態勢などのずさんさがあらためて浮き彫りになった。


14'12 鹿児島県警 警察官2人を書類送検=制圧で過失致死容疑

管理人一言コメント・これは殺人罪だ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警察官に暴行した会社員男性=当時(43)=を取り押さえる際、注意義務を怠り死亡させたとして、鹿児島県警捜査1課は19日、業務上過失致死容疑で鹿児島中央署の男性巡査長(37)と男性巡査(34)を書類送検し、本部長注意処分とした。

 送検容疑は昨年11月24日午前2時10分ごろ、男性の背中や腰を膝で押さえ、胸腹部圧迫による低酸素脳症で死亡させた疑い。

 捜査1課によると、同1時50分ごろ、けんかの当事者2人から事情聴取した際、男性が暴れたため警察官5人で取り押さえ、巡査長と巡査が膝で制圧した。数分後、突然いびきをかくなどしたため病院に搬送したが、約18時間後に死亡した。

 遺族らが今年7月、警察官2人が首を絞めるなどしたとして、特別公務員暴行陵虐致死容疑で県警に告訴していた。同課は、故意に首を絞めた事実はなく、同容疑には当たらないと判断した。

 花田純哉首席監察官の話 亡くなられた方のご冥福をお祈りする。職員への指導の徹底を図り、再発防止に努めたい。


14'12 兵庫県警 酒宴で部下の服脱がせ、下半身に酒吹きかけ 警部ら5人を書類送検 

管理人一言コメント・ホンマに兵庫県警は何でもありです、爆笑。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 酒宴で部下の服を脱がすなどしたとして、兵庫県警は19日、暴行容疑で、男性警部(42)ら県警の警察官5人を書類送検し、このうち警部を停職1カ月の懲戒処分にした。県警関係者への取材で分かった。

 ほかに書類送検されたのは、33歳と35歳の警部補2人=戒告=と、31歳と29歳の巡査部長2人=本部長訓戒。

 県警関係者によると、警部らは7月8日深夜、訓練で入校していた堺市北区の近畿管区警察学校の寮で、酒席に参加し、男性巡査部長(34)に下着を脱がせたり、酒を下半身に吹きかけたりした疑いが持たれている。

 被害を受けた巡査部長が同月下旬、県警に相談して発覚。警部は「巡査部長の訓練意欲が低く、戒めようとした。酒の場を盛り上げようとした」などと釈明しているという。

14'12 三重県警 巡査部長を停職6カ月=17歳少女にみだらな行為

管理人一言コメント・処分が軽い。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 17歳の無職少女にみだらな行為をしたとして、三重県警は19日、桑名署生活安全課の男性巡査部長(26)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。「関係者に大変申し訳ないことをした」と話しているといい、巡査部長は同日付で退職した。

 県警監察課によると、巡査部長は2月8〜9日、名古屋市内のホテルで少女にみだらな行為をした。1月中旬ごろ、同市内の飲食店で2人は知り合ったという。

 愛知県警が先月22日に同県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕。今月2日、名古屋簡裁で罰金40万円の略式命令を受け、巡査部長は即日納付した。

 赤坂正行首席監察官の話 青少年の健全育成に努めるべき警察官としてあるまじき行為。関係者と県民に深くおわびする。

14'12 大阪府警 教え子の女性警察官にわいせつ警部補免職

管理人一言コメント・こんなのばかりだ警察は。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警は19日、警察学校の教え子だった20代の女性警察官を脅し体に触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕した捜査4課の大川博之警部補(43)を懲戒免職にした。

 大阪地検は19日、警部補を不起訴処分にした。地検は理由を明らかにしていないが、捜査関係者によると、嫌疑不十分と判断したとみられる。

 府警によると、11月29日の逮捕当初は容疑を否認していたが、その後「欲求を満たすためにやった」と認め、ほかにも警察学校で授業を担当した複数の女性にわいせつな行為をしたことがあると明かした。

 府警は「被害届や告訴がなかった」として、他の立件は見送った。監督責任を問い、19日に警察学校長(59)ら6人を本部長注意の処分とした。

 府警の大村喜一監察室長は「女性の採用拡大に向けた取り組みに水を差す卑劣な行為だ。再発防止に努める」と話している。

14'12 京都府警  宇治署の巡査部長 懲戒免職

管理人一言コメント・当然の処分だ。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警の巡査部長が、自分が所属している課の積立金を盗んだり、証拠品の携帯を勝手に使うなどしたとして、懲戒免職処分を受けた。

 懲戒免職となったのは宇治警察署、生活安全課の巡査部長(31)で、今年11月、生活安全課の積立金が入った保管箱を盗んだ疑いで逮捕された。

 その後の調べで、巡査部長はレクリエーション費や同じ課の署員の捜査費なども盗んだ疑いが持たれていて、着服した現金は、あわせて108万円にのぼる。

 また、証拠品として保管していた携帯電話を勝手に使っていたことも判明。

 巡査部長はインターネットカジノやパチンコなどにはまり、消費者金融に数百万円の借金があり、着服した金もギャンブルにつぎ込んでいた。

京都府警は「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾」とコメント。

14'12 愛知県警 証拠品投棄容疑の警部補を書類送検

管理人一言コメント・処理能力などが著しく欠けている警部補だ、昨今の警部補は、こんなものです。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県瀬戸市の山中に、県警守山署が捜査していた事件の証拠品が大量に捨てられていた問題で、県警は19日、同署刑事課で証拠品を管理していた男性警部補(53)を証拠隠滅の疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。警部補は「事務処理が終わっていない証拠品が発見されると思い、投棄した」と供述しているといい、同日付で依願退職した。

 県警によると、警部補は2009年12月~今年9月、公訴時効となる刑事事件約240件の事務処理を怠り、バールやドライバーなどの証拠品約2500点について、署で廃棄したほか、9月14日に瀬戸市下半田川町の山中に投棄したとされる。

 現場近くを通りかかった人が同月17日、「ごみが捨てられている」と通報。瀬戸署が調べたところ、守山署が捜査していた事件の証拠品だったことがわかったという。

 事件の証拠品は時効の半年前に検察庁に送致することになっている。県警は9月9日、津島署刑事課の元警部補が証拠品2271点を放置したり破棄したりしていたと発表し、証拠品の管理を徹底するよう全署に通知していた。

14'12 兵庫県警 パトカーの無謀追跡でバイク事故 巻き添えも含め6人重軽傷

管理人一言コメント・バイクの4人乗りは危険な状態であり、それを知って3キロも無謀追跡し、結果は巻き添え事故となり6人もの重軽傷者、巻き添え事故の責任は当然無謀追跡した警察にある。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 18日午後4時50分ごろ、兵庫県川西市清和台西5丁目の県道交差点で、パトカーが追跡していた少年4人が乗ったバイクが乗用車に衝突し、双方の男女計6人がけがをした。うち同市の男子高校生(17)ら少年3人が両脚骨折などの重傷。

 川西署によると、事故の数分前に同市の交差点で、パトカーで巡回中の署員がバイクを発見し、サイレンを鳴らして追跡。バイクは停止の指示に従わず、赤信号を無視しながら約3キロ逃走し、県道交差点で同市の女性(43)ら2人が乗った乗用車に衝突した。

14'12 鹿児島県警 パワハラや事故隠し 日置署元署長ら3人処分

管理人一言コメント・処分が軽い。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鹿児島県警日置署で、署員2人が辞職に追い込まれるパワハラや捜査車両の事故隠しなどの問題が発生していたことが分かり、県警監察課は17日、当時の署長(59)=警視=と次長(56)=警部=を本部長訓戒などの内部処分に、当時の主任(51)=巡査部長=を戒告の懲戒処分にした。

 警部と巡査部長は同日付で依願退職し、警視は県警本部の課長職を解かれた。

 監察課によると、警視は署長だった2012年5月~13年7月、捜査車両が民家の車庫に接触するなどした公用車の事故3件を県警本部に報告せず、うち2件では事故を起こした署員に修理費各約10万円を自己負担させたという。

 署の敷地内にガラス瓶が投げ込まれる事案が計十数回続発した件も報告しなかった。公用の署長車を休日に2回、私的に使ってもいたという。

 警部と巡査部長は署にいた13年8月ごろまでパワハラ行為を繰り返していたという。警部は部下2人に「ばかにつける薬はない」などと侮辱的な言動を続けた。巡査部長は署員7人の頭を平手でたたいたり下半身を蹴ったりし、「仕事できないのに口きくな」「使い物にならないから辞めろ」と言った。

 警視はパワハラを知りながら本部に報告せずに放置し、署員2人がパワハラを理由に辞職した。

 警視は「署の評価などを懸念して(事故やパワハラを)報告しなかった」と釈明したという。花田純哉首席監察官は「県民の信頼を大きく損ない遺憾だ。幹部に対する指導やハラスメントの防止に努める」としている。

14'12 福岡県警 巡査部長がデリヘル、捜査費で駐車場代出した疑い

管理人一言コメント・何でもやります福岡県警ですから。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福岡県警は18日、路上で女性に抱きついたとして強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された県警公安1課巡査部長の入江雄一被告(32)について、勤務中にデリバリーヘルスを利用し、駐車場代を捜査費から出したことがあったとして、詐欺容疑などで追送検し、懲戒免職処分にしたと発表した。

 発表によると、入江被告は2012年10月~14年8月、勤務中にデリヘルを計7回利用。うち2回で、ラブホテル近くの駐車場代計800円を捜査費から出した疑いがある。

14'12 鹿児島県警 パワハラ警部と巡査部長処分 暴言で部下2人退職

管理人一言コメント・面白い。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は17日、それぞれ部下にパワーハラスメントを行ったとして、日置署の巡査部長(51)を懲戒処分の戒告、県警生活安全企画課の警部(56)を所属長訓戒とする処分を行った。2人は同日付で依願退職した。

 発表によると、巡査部長は2008年4月頃~今年8月頃の約6年4か月の間、前任地と同署で、計7人の部下に対し、再三、「使い物にならない」「仕事ができないのに口をきくな」などと暴言を浴びせたり、頭を手で叩いたりした。

 警部は日置署次長だった昨年3月~今年3月の間、部下2人に対し、複数回、「バカにつける薬はない」などと暴言を浴びせた。

 被害者の9人のうち2人は、パワハラを一因として退職している。

 巡査部長と警部は県警の調査に対して事実関係を認めており、「文句を言われなかったからやった」「指導の一環だった」などと説明しているという。

14'12 大阪府警 捜査資料8千点 16年にわたって自宅に放置…男性警部補を書類送検

管理人一言コメント・監督責任なしの甘い処分だ事。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警都島署の男性警部補(60)が平成8年から16年にわたって担当した事件の捜査書類や証拠品などの資料を自宅に持ち帰っていたとして、府警は17日、公用文書毀棄(きき)と証拠隠滅容疑で書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。

 持ち帰っていた資料は約8千点に上ったが、焼き増し写真が7割を占めるなどし、府警は400点(51事件分)について立件した。

 警部補は同日付で依願退職。「能力不足で作成途中の書類をため込んだ。仕事ができない奴と思われるのが嫌で引き継がなかった」と話しているという。

 府警監査室によると、元警部補は8年10月~24年3月、天王寺▽大淀▽西成▽淀川-各署の刑事課で勤務。この間担当した資料を異動時に引き継がなかった。

 約8千点のうち捜査対象としたのは、指紋や体液の付着したガーゼなどの証拠品と捜査書類の982点。ほかは、予備として焼き増しした現場写真が全体の7割を占めるなど刑事責任を問えないものだった。

 時効成立などもあり、982点のうち立件できたのは400点。51事件のうち未解決は37事件で、ひったくりや置引、自動車盗が多く、殺人などの重大事件はなかった。同室は「捜査への影響は今は確認されていない」としている。

 書類送検容疑は、西成、淀川両署で勤務していた当時、窃盗や強制わいせつ事件などの資料計400点を署から同府枚方市の自宅に持ち帰ったとしている

14'12 福岡県警 勾留中の男性から預かった現金1万円を盗んだとの窃盗容疑で書類送検

管理人一言コメント・何でもやります。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 南署(福岡市南区)留置管理課の男性巡査長(24)を、勾留中の男性から預かった現金1万円を盗んだとの窃盗容疑で書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は18日付で辞職した。


                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆留置人の現金窃盗容疑 福岡県警の巡査長を処分

 福岡県警は18日、留置人が署に預けていた現金を盗んだとして、南署留置管理課の男性巡査長(24)を窃盗容疑で福岡地検に書類送検し、停職3か月の懲戒処分にした。巡査長は同日、依願退職した。

 発表によると、巡査長は11月16日、同署の留置管理課の事務室内で、署が留置人の男性から預かっていた現金1万円を棚の中の金庫から盗んだ疑い。

14'12 茨城県警 警大勤務、スカート盗撮 警部補を警視庁逮捕 

管理人一言コメント・警官によるこの種犯罪の多いこと。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 カメラ付き携帯電話で女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、警視庁原宿署は16日までに、都迷惑防止条例違反の疑いで、茨城県警の警務課に所属する警部補の男(38)を逮捕した。

警部補は当初、容疑を否認していたが、その後認めたため、同日釈放されたという。

 茨城県警などによると、警部補は今年4月から警察大学校(東京都府中市)に派遣され、「助教授心得」として、学生の外国語研修を担当していた。

 逮捕容疑は14日午後3時ごろ、東京都渋谷区の服飾店の地下1階から地上1階に上る階段で、カメラ付き携帯電話を女性のスカート内に差し向けて盗撮しようとした疑い。目撃していた男性が110番した。

 警部補の携帯電話からは、女性のスカート内を写した動画が確認されたという。同署は携帯電話の画像などをさらに詳しく調べる。

 茨城県警・吉田浩一監察室長の話 本県の警察職員が逮捕されたことは誠に遺憾。被害者の方および県民の皆さまに深くおわび申し上げるとともに、警視庁の捜査結果を待って、厳正に対処する。

 警察大学校の話 逮捕されたのは事実で、誠に遺憾。捜査結果を待って、厳正に対処したい。

14'12 警視庁 パトカーの無謀追跡で追われバイクが追突 信号待ちの男性死亡

管理人一言コメント・巻き添え事故は警察が責任を取れ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 13日午前0時半ごろ、東京都江戸川区臨海町6丁目の国道357号で、パトカーの追跡から逃走していたバイクが、信号待ちをしていた男性のミニバイクに追突。男性は腹などを強く打ち、搬送先の病院で死亡した。

 葛西署によると、会社員のバイクが制限速度を超えて国道を走行しているのをパトカーが見つけたが、停止の指示に応じず約1キロ逃走し、事故を起こしたとされる。

14'12 兵庫県警 巡査長が強盗被害自作自演、虚偽申告容疑で書類送検

管理人一言コメント・こんなのが警官なんだ。 

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 うその強盗被害を上司に連絡したとして、兵庫県警は12日、軽犯罪法違反(虚偽申告)などの疑いで、須磨署地域課の男性巡査長(27)を書類送検し減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。

 腰を痛めていた巡査長は仕事を長く休もうと、医師の診断書を全治1週間から4週間に書き換えて上司に提出したが、上司にうそが発覚しそうになり強盗被害を装い免れようとしたという。

 送検容疑は8月14日正午すぎ、当時住んでいた神戸市須磨区の警察宿舎から「強盗に入られて金を取られ、脚を刺された」との虚偽の内容を携帯電話で上司に連絡するなどした疑い。

14'12 大阪府警 巡査部長、少女の裸撮影=容疑で書類送検

管理人一言コメント・こんなのばかりだ。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警住吉署刑事課の男性巡査部長(47)が上半身裸の女子高校生の写真を撮影したとして、府警が捜査していることが、12日分かった。「思い出に残したかった」などと事実関係を認めており、府警は近く児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検する方針。

 府警監察室によると、巡査部長は6月下旬、大阪府枚方市で、上半身裸の高校2年女子生徒(17)の写真をスマートフォンで撮影した疑いが持たれている。川沿いに止めた車内で花火大会を観覧しながら撮影した。
 巡査部長は同月中旬、出会い系アプリを通じて生徒と知り合ったという。

14'12 千葉県警、酒気帯び運転で巡査部長を処分

管理人一言コメント・後を絶たない警官の飲酒運転、本件も氷山の一角。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警監察官室は12日、酒気帯び運転で、八千代署地域課の男性巡査部長(54)を処分にしたと発表した。

 同室によると、八千代署の巡査部長は11月18日午後、千葉市若葉区の市道で、オートバイを酒気帯び運転中に転倒。千葉東署員に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発され、停職6カ月の懲戒処分を受けた。「荷物があり、バスに乗るのが面倒だった」などと話しており、12日付で依願退職した。


14'12 埼玉県警 手続き誤り緊急逮捕 警部補、法の要件確認せず 東入間署

管理人一言コメント・こんなもんです警察は。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は12日、東入間署の男性警部補が、法律条文の要件を確認せず、酒気帯び運転の同乗者を誤って緊急逮捕したと発表した。同署は、いったん男を釈放、逮捕状を請求し、その後通常逮捕した。

 同署は同日朝、三芳町藤久保のガソリンスタンドで、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、自称建築作業員男と同法違反(酒気帯び運転同乗者)の疑いで、建築作業員男=いずれも(23)=を緊急逮捕した。

 緊急逮捕をするには、懲役3年以上に当たる罪であることが要件。県警交通指導課によると、男性警部補は、同乗者を緊急逮捕する際、条文を確認せず懲役2年以下の道交法違反(酒気帯び運転同乗者)を適用したという。

 同日午前4時15分ごろ、ガソリンスタンドの男性店員から、「不審車両がある」と110番。同署員が駆け付けたところ、2人が軽乗用車に乗っていたという。呼気を調べたところ、規定値を上回るアルコール分を検知。2人が任意同行を拒んだため、緊急逮捕した。別の警察官が誤りに気付き、同乗者男を釈放。調べの中で同乗者が車を運転手に貸していたことが分かり、同法違反(車両提供)の疑いで通常逮捕した。

 東入間署の山崎利信副署長は、「適正な逮捕手続きについて指導を徹底し、再発に努める」とコメントしている。

14'12 千葉県警 証拠品のミラー廃棄 容疑の警部補ら書類送検

管理人一言コメント・警察の捜査はこんなもんです。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警は12日、当て逃げ事故の現場に落ちていた車のバックミラーを廃棄したとして、証拠隠滅の疑いで館山署地域課の警部補男性(60)と当時同課に勤務していた巡査部長男性(31)を書類送検し、警部補を戒告の懲戒処分にした。

 県警監察官室によると、警部補は昨年2月5日に南房総市和田町内で民家の物置や車庫が壊された当て逃げ事故で、現場に残っていた車のバックミラー1個について、巡査部長に証拠品として扱わずにただ保管するように指示。巡査部長はミラーを交番内の個人ロッカーに保管したうえ、同3月26日、異動に伴いゴミ捨て場に捨てたとされる。

 今年9月初旬、被害者男性から捜査状況の問い合わせがあり発覚。警部補は「ミラーでは容疑者の特定はできないと思った。安易な気持ちで指示し、その後忘れた」と説明。巡査部長は「証拠品化しないことは良くないと思ったが、上司の指示に従った」と話したという。

 ミラーの他に遺留品はなく、事故捜査は継続中。同室は「ミラーがあれば容疑者にたどり着いた可能性は否定できない」としており、「警察の信頼を損ね関係者に深くおわびする」と述べた。

14'12 埼玉県警 事件現場の足跡を変造容疑 警部補を書類送検

管理人一言コメント・指紋の採取では取調室で採取した指紋を犯罪現場で採取したようにやる手口、即席でもやる警察、氷山の一角だ。

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 窃盗事件の現場から採取した足跡が鮮明に見えるよう、後から手を加えて変造したとして、埼玉県警は11日、捜査3課の男性警部補(54)を証拠隠滅の疑いで書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。警部補は「起訴するには物証が足りないと思った」と容疑を認めており、同日付で依願退職した。

 監察官室によると、窃盗事件の捜査を担当していた警部補は8月19日、押収した靴を使い、現場から採取した足跡の鑑識資料に土をつけ、より鮮明に見えるように変造した疑いがある。

 足跡が鮮明すぎることに鑑識課員が気づき、警部補の上司が問いただしたところ、不正を認めたという。変造されたのは、連続窃盗容疑で逮捕された容疑者が関与を認めた余罪の証拠。さいたま地検はこの余罪分の容疑を不起訴とした。

 布川賢二首席監察官は「証拠品の管理及び指導を徹底したい」とコメントした。

14'12 宮城県警 大和署の巡査長 捜査書類、時効まで放置

管理人一言コメント・助けようがない。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は10日、捜査書類を自宅に持ち帰り、時効が成立するまで放置したとして、大和署地域課の男性巡査長(55)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。巡査長は同日、依願退職した。

 監察課の発表によると、巡査長は塩釜署地域課に勤務していた2003年3月~05年6月、自転車窃盗やシンナーの吸引などが疑われる6事件の捜査書類41点を自宅に持ち帰り、時効まで放置した。巡査長は「事件の処理が面倒だった」と話しているという。

 大原光博・警務部長は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。県警は巡査長の氏名を公表していない。

14'12 長崎県警 駐車場で事故起こした疑い、巡査を書類送検

管理人一言コメント・これが警官の姿。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長崎市内の立体駐車場で7月、県南部の警察署に勤務する20代の男性巡査が事故を起こし女性2人にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで長崎区検に書類送検されていたことが10日、県警への取材で分かった。送検は9月11日付。巡査は同日、戒告の懲戒処分を受けた。

 県警監察課によると、巡査は7月31日午後2時ごろ、商業施設の立体駐車場で乗用車をバックさせた際、止まっていた軽乗用車に衝突。乗っていた20代と40代の女性の首に軽いけがをさせた疑いがある。巡査はそのまま逃げた。「大したことないと思った。上司にばれたら怒られると思った」と話しているという。

 巡査は非番で、自分の車を運転していた。逃げた後、立体駐車場の別の階で駐車中の車に接触する事故も起こしたという。監察課は「若手職員への指導、教養を徹底し再発防止と信頼回復に努める」としている。
プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード