14'6 高知県警 覆面パトカー事故:男性巡査部長に簡裁が略式命令

管理人一言コメント・常に安全運転で。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 高知区検は11日、高知南署の男性巡査部長(30)を2日付で自動車運転過失傷害罪で高知簡裁に略式起訴し、同簡裁が6日付で罰金30万円の略式命令を出したと発表した。

 区検によると、巡査部長は4月9日午後11時ごろ、覆面パトカーで緊急走行中、高知市大原町の国道交差点で、自転車で横断していた同市神田の男性会社員(31)をはね、鎖骨骨折など全治3カ月の重傷を負わせた。

14'6 静岡県警 警部補が保管庫で点検中、拳銃が1発暴発

管理人一言コメント・引き金を引けば発砲しますよ!不適格者だ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 8日午後3時50分頃、静岡県警三島署の拳銃保管庫で、警務課の男性警部補(57)が手にとって点検していた回転式拳銃が1発、暴発した。

 庫内にいたのは警部補だけで、けが人はなかった。弾は保管庫内で見つかった。

 発表によると、拳銃の点検は、警察装備品の管理担当者が毎日行っており、この日は警部補が担当していた。斎藤忍副署長は「事故の発生状況を詳細に検証し、再発防止に努めたい」とコメントした。

14'6 愛知県警 機動隊巡査長にストーカー警告

管理人一言コメント・アホ丸出し!

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警の機動隊に所属する20代の男性巡査長が、飲み会で知り合った女性宅に別人を装って「監視している」と書いたメモを投函(とうかん)したなどとして、県警からストーカー規制法に基づく警告を受けていたことが6日、分かった。県警は同日付で戒告の懲戒処分とし、巡査長は依願退職した。

 県警によると、巡査長は今年4月に飲み会で知り合った20代女性宅にメモを投函。女性の不安をあおる一方で「ストーカーは捕まった。俺が守ってあげる」などと伝えて安心させ、女性と交際しようとしたという。

 巡査長とのやりとりで不審に思った女性が家族を通じて県警に相談し、県警が5月中旬に口頭で警告した。巡査長は県警の調査に事実関係を認めていた。〔

14'6 兵庫県警 拳銃突き付け:巡査部長を書類送検

管理人一言コメント・処分が軽いこと!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 実弾入りの拳銃を部下に突き付けたとして、兵庫県警は6日、県警高速隊の男性巡査部長(38)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は「冗談のつもりでやった」と容疑を認めているという。

 送検容疑は今年3月18日午前9時半ごろ、当時所属していた高速隊西宮北分駐所(兵庫県西宮市)の拳銃保管庫で、20代の男性巡査長の右腰に銃口を2度突き付け、警察活動以外の目的で所持したとしている。

 県警監察官室によると、当時、拳銃保管庫には2人だけおり、巡査部長はおどけながら銃口を突き付け、巡査長に注意された後、ホルスターに収めた状態で再び突き付けた。

 吉塚潤一郎・監察官室長は「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。指導を徹底する」としている。

14'6 京都府警 上京署 無関係の男性宅を捜索 同姓同名で誤る

管理人一言コメント・ホンマに初歩的なミス、何をやっても駄目な京都府警!

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警は5日、覚せい剤取締法違反事件の捜査で、容疑者と同姓同名の京都府南部に住む無関係の男性(65)宅を誤って家宅捜索したと明らかにした。府警は同日、男性に謝罪した。捜査の過程で、容疑者と男性の戸籍や住民票の照合作業を怠ったのが原因という。

 府警によると、無関係の男性への家宅捜索は、5日午前8時5分ごろに開始。所持品を調べたところ、運転免許証の生年月日が容疑者のものと異なり、別人であることが発覚、約8分後に捜索を中止した。容疑者は男性よりも14歳若いが、容姿からも気付けなかった。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★京都府警 同姓同名の男性の自宅 誤って捜索

 京都市の上京警察署の警察官が、覚醒剤を所持している疑いのある男と同姓同名の男性の自宅を誤って捜索していたことが分かった。

京都府警察本部によると、5日午前、京都市の上京警察署の警察官が65歳の男性の自宅のアパートを訪れ、覚醒剤取締法違反の疑いで捜索。

警察官が男性の運転免許証を調べたところ、名字や名前は捜査対象者の51歳の男と同じでしたが、生年月日が異なり、別人であることが分かった。

警察はすぐに捜索を取りやめ、5日午後、男性に謝罪した。

警察は、捜査対象者の男が覚醒剤を所持している疑いがあるとして先月から捜査を進めていたが、男と男性の名前や職業が同じだったことから同一人物と思い込み、住民票などを使った生年月日などの確認を怠っていた。

京都府警察本部は「関係者の方に大変なご迷惑をおかけしたことをおわびします。このようなことが再発しないよう適正な捜査の指導を徹底したい」とコメント。

14'6 愛知県警 巡査長が親睦会費350万円着服の疑い

管理人一言コメント・こんなのが多い!

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警豊田署に勤務する30代の男性巡査長が、同僚らが積み立てた親睦会費計約350万円を着服した疑いがあることが4日、県警への取材で分かった。着服を認めているといい、県警が業務上横領容疑で捜査している。

 県警によると、巡査長は地域課に所属し、パトカーでの巡回を担当していた。課員が歓送迎会や慶弔費などのために毎月積み立てていた親睦会費の口座を管理していた際、数年間にわたり現金の一部を引き出すなどした疑いが持たれている。

 今年3月末で別の部署に異動する予定だったが、親睦会費の管理を引き継いだ署員が不正な引き出しに気付いた。巡査長は着服した現金について「ネットオークションに使った」と話しており、全額返済したという。

 県警は人事異動を凍結し、巡査長は現在、豊田署付となっている。

14'6 京都府警 無謀パトカー追跡で 一般車両6台が衝突被害

管理人一言コメント・右折違反の反則行為の些細な交通違反を2.5キロにわたり無謀追跡しており事故の責任は警察が取りなさい!!

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 5日午後2時40分ごろ、京都市中京区の府道で京都府警のパトカーに追跡されていた乗用車が、別の乗用車6台に次々と接触、そのまま逃走した。

 けが人はなかったが、府警は道交法違反(信号無視など)の容疑で逃げた車の行方を追っている。車は茶色っぽいワゴン車で、若い女が運転していたという。

 府警によると、同日午後2時半ごろ、同市右京区の右折禁止の市道で右折した車をパトカーが発見し追跡。車は約2・5キロ先の交差点で、止まっていた軽乗用車に接触。

さらに約500メートル先の交差点で赤信号で止まっていた車計5台に接触した。
追突された車はドアミラーやバンパーが損傷したが、運転していた24~74歳の男女6人にけがはなかった。
パトカーはこの交差点で逃走車を見失ったという。

14'5 兵庫県警 女性のスカート内を盗撮容疑 巡査部長逮捕

管理人一言コメント・警官のこの種犯罪の多いこと。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 兵庫県警は31日、県警生活安全企画課の巡査部長、竹安祐介容疑者(28)=神戸市東灘区森南町2丁目=を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 葺合署によると、竹安容疑者は31日午後4時45分ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅のホームで電車を待っていた女性(26)のスカート内をスマートフォンで動画撮影した疑いがある。警戒中の鉄道警察隊員が不審な動きをする竹安容疑者を発見。女性の足元に差し入れたバッグの中にスマホが入っていたという。竹安容疑者は勤務を終え、自宅に戻る途中だった。

 県警の吉塚潤一郎監察官室長は「事実関係を調査のうえ、厳正に対処する」としている。

14'5 静岡県警 巡査部長を逮捕 覚醒剤譲渡の疑い

管理人一言コメント・・・・こんなワルがいるんだ。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 静岡県警は29日までに、30代の男に覚醒剤を無償で譲渡したとして、覚せい剤取締法違反(譲り渡し)容疑で、細江署刑事課の巡査部長、横山彰一容疑者(39)=浜松市北区初生町=と住所不定の40代の男を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。

 県警によると、横山容疑者は2年前から細江署で薬物事件の捜査を担当。同署は今年4月、覚醒剤を使ったとして同法違反(使用)の疑いで県内に住む30代の男を逮捕した。使われた覚醒剤は横山容疑者らから譲り受けたとみられ、県警は立件数を上げるための違法捜査の疑いもあるとみて、動機などを詳しく調べる。

 逮捕容疑は4月12日夜、共謀して同市天竜区内の山中に止めた車の中で、30代の男にポリ袋に入った少量の覚醒剤を無償で譲渡した疑い。

 県警によると、横山容疑者は譲り渡しの場所にいなかった。別の刑事事件で40代の男を逮捕し、捜査を進めると、横山容疑者が覚醒剤の譲り渡しに関与していた疑いが浮上したという。

14'5 北海道警 警部補、捜査費4万円だまし取る

管理人一言コメント・こんなワルが多いこと。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 北海道警は29日、捜査費などをだまし取ったとして、札幌中央署の40歳代の男性警部補を詐欺容疑で札幌地検に書類送検した。

 道警監察官室は同日付で警部補を懲戒免職とし、監督責任として当時の署長ら5人を本部長注意などとした。

 発表では、警部補は2012年12月~13年10月、4回にわたり、捜査協力者との飲食代名目で捜査費や捜査報償費などの執行を上司に申請し、計4万円をだまし取った疑い。だまし取った金は知人女性との飲食代に充てていた。過去5年間に警部補が使用した捜査費などの使用状況を調査したところ、送検容疑の4件を含む47件計約29万円の不適正な使用が見つかり、警部補は全額を弁済した。

 警部補はまた、13年5月に捜査協力者から個人的に飲食代など約22万円を借りるなど、不適切な交際もしていたという。

14'5 神奈川県警 アホな白バイ隊員: 自分が殴られけん銃乱射

管理人一言コメント・これだけアホな白バイ隊員、聞いたことが無い!一般市民が罪もなく犯罪に巻き込まれたら、自分の身をどうやって守るのですか?

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 29日午後1時10分ごろ、横浜市港南区笹下で、神奈川県警港南署交通課の白バイ隊員の男性巡査部長(42)が、携帯電話で通話しながら軽乗用車を運転している男を発見、職務質問した。男は巡査部長の顔を殴り、白バイの鍵を奪って車で逃走。巡査部長は3回警告した後に、拳銃を上空へ1発、車後部に1発撃った。けが人はなかった。

 警戒中の警察官が午後2時前、現場から北西約600メートルの路上で車に乗っていた同市港南区港南、自称会社員、山本祐太朗容疑者(21)を発見し、公務執行妨害と傷害容疑で緊急逮捕した。「白バイ隊員から身を守ろうと手を出したら顔に当たった」と容疑を否認しているという。

14'5 岡山県警 男性巡査を書類送検=寮に捜査書類隠した疑い

管理人一言コメント・こんな事ばかりだ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 窃盗事件の被害届など捜査書類33通を寮の自室に隠したとして、岡山県警は28日、公用文書毀棄(きき)容疑で倉敷署地域課の男性巡査(21)を書類送検した。

同日付で戒告の懲戒処分とし、巡査は辞職した。

 県警監察課によると、巡査は「処理に時間がかかり提出しづらくなった。叱られると思い隠した」などと話している。
自室の天袋に隠したリュックサックから、2012~13年に取り扱った事件の書類33通が見つかった。
巡査は以前も、捜査書類を未処理のまま署のロッカーに放置したとして注意を受けていた。

14'5  神奈川県警 「女性のぞく目的」でマンション侵入・徘徊 巡査長を逮捕

管理人一言コメント・ようヤル!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警監察官室は28日、建造物侵入容疑で、港北署刑事第2課薬物銃器対策係の平塚直也巡査長(32)=相模原市南区上鶴間本町=を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、27日午後10時半ごろ、自宅近くのマンション3階通路に侵入したとしている。「女性の部屋をのぞく目的でマンションの廊下を徘徊(はいかい)していた」と容疑を認めているという。

 同室によると、平塚容疑者は当直明けだった。見慣れない男がいることを不審に思った住人が近くの交番に届け出て、駆けつけた相模原南署員2人が職務質問。平塚容疑者は約300メートル逃走後に確保され、同署に任意同行された。平塚容疑者はこのマンションから、付近の部屋をのぞこうとしたとみられるという。

 同室の小清水芳則室長は「警察官としてあるまじき行為であり、県民の皆様に深くおわび申し上げる。事実関係を調査の上厳正に対処する」とコメントした。

14'5 京都府警 下鴨署刑事課 被害者の個人情報誤送信

管理人一言コメント・性犯罪の個人情報でもあり、これは重大な事件だ!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 京都府警下鴨署刑事課の20代の男性巡査が、捜査中の事件被害者の個人情報が書かれた書類を、誤って京都市内の菓子店にファクス送信していたことが分かった。

 同署によると、1日午前、被害者の住所や名前などが書かれた捜査書類3枚を京都地検へファクスする際、番号を押し間違え、菓子店へ誤送信したという。その後、菓子店からの連絡で約1時間後に署員が回収。同署は、同日中に被害者に謝罪したという。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★性犯罪被害者の個人情報、和菓子店に誤送信

 京都府警下鴨署刑事課の20歳代の男性巡査が、性犯罪事件の被害者の個人情報などが書かれた捜査書類を、京都市内の和菓子店にファクスで誤送信していたことがわかった。

 同署や捜査関係者によると、巡査は今月1日、捜査書類3枚を京都地検にファクスする際、番号を押し間違えたという。直後に和菓子店から同署に連絡があり、約1時間後に署員が回収。書類には性犯罪被害に遭った女性の住所や氏名などが記載されていたという。

 同署は同日中に被害者に謝罪。情報の流出や悪用は確認されていないという。盛岡富夫副署長は「署員の指導を徹底し、再発防止に努める」と話している。

14'5 愛知県警 警部がストーカーの疑い 書類送検へ

管理人一言コメント・話にならん。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警の施設課に所属する男性警部(45)が、20代の女性につきまといなどのストーカー行為を繰り返していた疑いがあることが分かった。県警は、ストーカー規制法違反の疑いで、警部を書類送検する方針。

 県警関係者によると、警部は女性と面識がなかったが、1年ほど前から、名古屋市中村区の名古屋駅周辺でたびたび女性を見掛けるうちに、一方的に好意を抱くようになった。駅構内で待ち伏せし、突然、女性に声を掛けたり、メッセージを書いたメモを渡そうとしたりしたという。

 不安に感じた女性が中村署に「男につきまとわれている」と相談。今年に入り、名古屋駅構内で見張っていた捜査員が見つけ、事情を聴いたところ、警部だと分かった。ストーカー規制法違反の疑いがあるとして、県警から警告を受け、警部はつきまといをやめたという。

 警部は、容疑を認めており、県警は懲戒処分を検討している。警部は、警備部での勤務が長く、公安1課課長補佐などを務めた。警察庁にも出向した。施設課で県警庁舎の整備、管理を担当しているが、現在は休職しているという。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★愛知県警の警部、ストーカー容疑で書類送検へ

 愛知県警本部に勤める男性警部(45)が、名古屋駅(名古屋市中村区)の構内で20代の女性につきまとったなどとして、県警がこの警部をストーカー規制法違反容疑で書類送検する方針を固めたことがわかった。懲戒処分も検討している。

 捜査関係者によると、警部は施設課所属で、名古屋駅で見かけた20代の女性に好意を抱き、繰り返しつきまとった疑いがある。

 女性が今年春ごろ、「男にじろじろ見られている」と中村署に相談。女性は以前からつきまとわれ、声をかけられたこともあり、不安を感じていたという。そのため捜査員が名古屋駅で見張っていたところ、警部が姿を現した。

 県警はその後、ストーカー規制法違反の疑いがあるとして、警部につきまとわないよう警告。ストーカー行為は止まったという。

 任意の調べに対し、容疑を認めているという。警部は問題発覚以降、出勤していない。

 警部は1991年採用。公安1課や警察庁での勤務を経て、警察施設の管理を担う施設課に配属された。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★愛知県警の警部が街で見かけた20代女性に3年近くつきまとう

 愛知県警は街で見かけた20代の女性に長期にわたって、つきまといを繰り返したとして、県警施設課の男性警部(45)を、6月13日付で停職3カ月の懲戒処分にした。警部は同日付で、依願退職し、職を追われた。同日、県警はストーカー規制法違反の疑いで、名古屋地検に書類送検した。

 送検容疑は、11年7月から今年3月までの2年8カ月にわたって、街で見かけた20代女性に一方的に好意を抱き、名古屋市中村区内の女性の勤務先やJR名古屋駅などで、何度も待ち伏せして声を掛けたり、つきまとったりした疑い。また、女性に許可なくスマートフォン(多機能携帯電話)で写真を撮ったりした疑い。

 県警によると、警部は女性に「好きです」などと声を掛けたり、「かわいいですね」などと書いたメモを見せたりしたという。女性が注意しても、つきまといがやまなかったため、昨年11月に県警に相談。今年3月に、名古屋駅付近で警戒していた県警の捜査員が、男に職務質問したところ、警察官であることが発覚。県警はストーカー規制法に基づいて警告していた。

 警部は事情聴取に対し、「一目ぼれしてしまった。女性と接点を持ちたかった」などと容疑を認めているという。警部は既婚者だった。

 大江英生首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で厳正に処分した。被害者と県民に深くお詫びします。再発防止に努めたい」とコメントした。

 男なら誰しも、街で見かけた女性に好意を抱くことはあるだろうし、声を掛ける人もいるだろう。しかし、相手が嫌がっているにもかかわらず、長期間にわたってつきまとったのではアウト。ましてや、警察官がやる行為ではない。

14'5 警視庁 術科訓練不足? 3人の警官が居りながら70歳老人に刺される

管理人一言コメント・職質のやり方も問題、しっからりしなさいよ!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 23日午後10時35分ごろ、東京都江戸川区北小岩の駐車場で、警察官3人が車の後輪2本をパンクさせて逃走しようとした男に職務質問したところ、男は突然暴れだし、刃渡り約12センチのくり小刀で3人を次々と刺した。

警視庁小岩署は、公務執行妨害容疑で男を現行犯逮捕。刺された女性巡査長(30)が左腕を貫通するけがをしたほか、男性警部補(56)と男性巡査部長(33)も足や腹部を刺され軽傷を負った。

 同署によると、逮捕されたのは板橋区仲宿の建築業高橋光雄容疑者(70)。「記憶がありません」と容疑を否認しているという。 

14'5 滋賀県警 男性警視を懲戒免職、大津 飲酒運転事故、報告せず

管理人一言コメント・警視のお前もか!

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 滋賀県警は22日、大津市内で酒気帯びの状態でバイクを運転し、ガードレールに衝突する事故を起こしたのに通報しなかったとして、刑事部所属の男性警視(55)を懲戒免職処分にした。県警は同日、道交法違反の疑いで警視を書類送検した。

 送検容疑は、4月24日夜、大津市内で酒気帯びの状態でバイクを運転するなどした疑い。

 県警によると、警視は職場の懇親会に参加した後に帰宅。携帯電話を紛失したことに気付き、バイクで探していた。警視は「携帯電話を失くし、パニックになってバイクに乗った」と話しているという。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★前科捜研所長を懲戒免職 酒気帯びでバイク事故通報せず
 滋賀県警は22日、大津市内で酒気帯びの状態でバイクを運転し、事故を起こしたのに申告しなかったとして、前科学捜査研究所長の男性警視(55)を懲戒免職処分にした。県警は同日、道交法違反の疑いで警視を書類送検した。

 送検容疑は、4月24日午後11時45分ごろ、酒気帯びのままバイクを運転し、大津市の国道でガードレールに衝突する事故を起こしたのに申告しなかった疑い。県警は翌25日付で、警視を科学捜査研究所長から刑事部付としていた。

 県警によると、警視はあばら骨を折る1か月の重傷。24日は職場の懇親会があり、大津市内の飲食店でビールをコップ6~7杯飲んだ。帰宅後に携帯電話の紛失に気付き、バイクで探しに出て事故を起こした。「携帯電話を失くし、パニックになった」と話している。

 25日午前1時ごろ、大津署に「国道を歩いている人がいる」と通報があり、署員が事故現場から約6キロ離れた路上で警視を見つけた。

 吉田隆首席監察官は記者会見で「幹部警察官がこのような事案を起こし、大変申し訳ない」と謝罪した

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★酒気帯びの元警視不起訴=大津地検

 飲酒後にバイクを運転し自損事故を起こしたとして、道交法違反(酒気帯び運転など)容疑で書類送検された滋賀県警刑事部の元男性警視(55)=懲戒免職=について、大津地検は30日、不起訴処分とした。

地検は「社会的制裁を受けていることや、血液中のアルコール分が基準値に達していなかったことを考慮した」と説明している。

 元警視は4月24日夜、職場の懇親会で飲酒した後、携帯電話を探しにバイクで出掛け、ガードレールに接触する事故を起こしたが通報しなかったとして書類送検された。

14'5 広島県警 痴漢容疑の巡査部長を減給 電車で尻を触った疑い

管理人一言コメント・再発防止のためにも懲戒免職にしなければ!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 広島県警は23日、電車内で痴漢をしたとして県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された県警音楽隊の男性巡査部長(41)=処分保留で釈放=を、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とした。巡査部長10+ 件は同日付で依願退職した。

 県警によると、巡査部長は4月25日、JR山陽線の電車内で、当時19歳の女性の尻を触った疑いで現行犯逮捕された。勤務後に飲酒して帰宅する途中だった。

 宮尾豪範首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。今後指導を強化し再発防止に努める」とコメントした。

14'5 鹿児島県警 10社以上から接待、警視を本部長注意

管理人一言コメント・隣の国の方ではなく日本の警察!

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鹿児島県警は22日、建設業者など10社以上から接待を受けて飲食代を払わせていたとして、県警警備課の男性警視(54)を、21日付で本部長注意にしたと明らかにした。「利害関係者ではなく、情報漏えいはなかった」として懲戒処分にはしなかった。

 県警によると、警視は今年3月までの少なくとも10年間、仕事で知り合った建設業者らとスナックなどで飲食、1回当たり平均数千円を肩代わりさせていた。警視は「私的な関係と思っていたが、軽率だった」と話しているという。

14'5 茨城県警 パトカー追跡中の乗用車が事故、3人重傷 小山

管理人一言コメント・パトカーの運転手さん、市民が幸せになる様な仕事をして下さいよ。それは安心、安全の為の仕事をする事です。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 21日午後11時55分ごろ、小山市犬塚1丁目の県道交差点で、小山署のパトカーが追跡していた自称茨城県筑西市、男性(29)の乗用車が道路左側の信号機の柱に衝突した。男性が骨盤骨折の重傷、同乗の女性(16)と男性(47)も手や首の骨を折るなど重傷を負った。

 同署は「追跡に問題はない」としている。


14'5 山梨県警 無謀追跡のパトカーが交差点で、やっぱり衝突事故

管理人一言コメント・赤信号で交差点に突入すれば衝突事故は当然だ、またまたアホなパトカー運転手がここにも!

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 18日未明、甲府市の国道の交差点で集団暴走するオートバイを追跡していたパトカーが乗用車と出合い頭に衝突する事故があった。

 18日午前3時15分ごろ、甲府市国母7丁目の国道20号・甲府バイパスの国母交差点で、集団暴走していたオートバイ10数台を追跡していた南甲府警察署のパトカーと、20代の男性が運転する乗用車が出合い頭に衝突した。

 警察によるとパトカーは赤色灯を点灯しサイレンを鳴らして国道を笛吹市方面に向かって緊急走行していた。
そして赤信号の交差点に入ったところ、青信号で昭和町方面に向かっていた乗用車に衝突したという。
けが人はいなかった。

14'5 大赤府警 遺留物紛失し代用品捏造 大阪府警

管理人一言コメント・悪いのが多い!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府で2008年に起きた性犯罪事件を巡り、大阪府警池田署が採取した遺留物を紛失し、事件と無関係の代用品を保管していたことが17日、府警への取材で分かった。

 当時の池田署刑事課で事件を担当した高槻署の男性警部補(54)が府警監察室の事情聴取に証拠品捏造(ねつぞう)を認めていた。

 府警によると、08年9月に起きた女性への性犯罪事件で、池田署は犯人の遺留物を採取したガーゼ片数点をDNA鑑定に出した。同年11月、警部補は残りのガーゼ片を入れた容器がなくなっているのに気づき、未使用のガーゼ片を証拠品として保管したという。

 今年2月、兵庫県警が別の事件で逮捕した男のDNA型が、池田署の事件のものと一致。同県警が4月、ガーゼ片についての捜査報告書の作成を警部補に依頼し、警部補は高槻署の上司に証拠品捏造を申し出た。

 監察室は警部補を数回事情聴取。16日も聴取の予定だったが、同日午前、府警本部地下3階のトイレで首をつっているのが発見された。調べにあたった警察官に宛てて謝罪の言葉を書いたメモが残されていた。

14'5 秋田県警 3~40㌔速度超過で暴走、巡査部長本部長注意のみ

管理人一言コメント・30〜40キロ超過の暴走違反でありながら処分が軽すぎる。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警本部に勤務する50代の男性巡査部長が先月、私用で車を運転中に大館署から道交法違反(速度超過)の疑いで摘発されていたことが16日、分かった。県警は先月28日付で本部長注意とした。

 県警監察課によると、巡査部長は4月7日午後3時ごろ、大館市内の国道103号を走行。法定速度は時速60キロだが、片側2車線の追い越し車線で30〜40キロ超過し、大館署の速度違反取り締まりで摘発された。

 巡査部長はこの日非番で、妻と一緒に大館市を訪れ、秋田市の自宅へ帰る途中だった。巡査部長は「急いでいた。申し訳ない」と話しているという。今後、運転免許停止処分を受ける。

 同課は「あってはならないこと。再発防止に向け、指導を徹底する」としている。

14'5 京都府警 巡査 同僚から2千円盗んだ疑い 懲戒処分

管理人一言コメント・助けようが無い。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 同僚の小銭入れから現金を盗んだとして、京都府警は、右京署地域課の男性巡査(22)を15日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、16日に窃盗容疑で書類送検したと同日発表した。巡査は15日付で依願退職した。巡査は「少しでもお金が欲しかった。パチンコ代に使った」と話しているという。

 監察官室によると、巡査は2月4日午前、右京署(京都市右京区)の男性用更衣室で、現金2163円が入った50代の男性署員の小銭入れから、2千円を盗んだ疑いがある。更衣室の外に落ちていた小銭入れを別の署員が見つけ、発覚したという。

14'5 神奈川県警 無謀パトカー追跡 相手車両が電柱に衝突…3人重軽傷

管理人一言コメント・軽微な反則行為の信号違反、無謀追跡で重軽傷者3名、おまけに警官が袋叩きにあい、爆笑、また爆笑。プロなら双方が怪我の無い様に職務執行しなさいよ、どんな訓練をしてますか!

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 15日午後11時25分頃、横浜市中区本牧原の市道で、パトカーに追跡されていた乗用車が、道路脇の電柱に衝突、運転手ら3人が重軽傷を負った。

 神奈川県警山手署の発表によると、巡回中のパトカーが赤信号で停止していた乗用車に近づいたところ、乗用車が赤信号を無視して逃走。先回りしていた別のパトカーに接触後も逃走を続け、電柱に衝突した。

 この事故で、後部座席の女性(30)が頭を強く打って重傷、運転席と助手席の男2人が軽傷を負った。

 同署は16日、署員に殴る蹴るの暴行を加えたとして、助手席に乗っていた横浜市神奈川区浦島丘、指定暴力団稲川会系2次団体組員大友直哉容疑者(33)を公務執行妨害の疑いで緊急逮捕。乗用車を運転していた男(36)についても、けがの回復を待って同容疑で逮捕する方針。

14'5 愛知県警 警官二人いながら拳銃を奪われ発砲される

管理人一言コメント・拳銃を奪われ無い様に訓練が出来ていませんね、しっかりして下さいよ!

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 14日午前11時35分ごろ、愛知県知立市昭和9の路上で、近くに住む住民から「上半身裸の男がうろついている」と110番があった。安城署地域課の署員2人が現場に駆けつけたところ、男が長い棒を持っていたため、署員1人が職務質問しようとして男ともみ合いになった。男は署員から拳銃を奪って発砲、銃弾は署員の右腕を貫通した。無線で連絡を受けた他の安城署員ら数人が駆けつけ、男を取り押さえ、殺人未遂の疑いで、現行犯逮捕した。県警によると、男は2発発砲したとの情報もある。

 県警によると、けがをしたのは同署地域課の平岩直樹巡査部長(51)。病院に運ばれたが、意識はあり命に別条はないという。男は年齢50歳ぐらい。

 現場は、名鉄名古屋本線牛田駅南東約1キロの知立団地付近。近くには知立東小学校がある。


14'5 愛知県警 痴漢容疑で巡査部長を逮捕

管理人一言コメント・警官のこの種犯罪の多いこと!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警の30代の男性巡査部長が4月、名古屋市営地下鉄の電車内で女性の体を触ったとして、県迷惑防止条例違反(痴漢行為)の疑いで現行犯逮捕されていたことが県警への取材でわかった。巡査部長は容疑を認め、直後に釈放されたという。県警は事件を公表していなかった。

 県警によると、巡査部長は4月、地下鉄東山線の名古屋市中村区の区間内で、乗客の女性の体を触った疑いがある。女性が助けを求めたため、居合わせた乗客が名古屋駅で取り押さえ、駆けつけた中村署員に引き渡したという。

 巡査部長は留置管理課に所属し、現在は謹慎中。任意で取り調べを受けているといい、監察官室は巡査部長の処分を検討している。

 一方、中村署の中嶋とも子副署長は「事件についてはコメントできない」としている。

14'5 警視庁 巡査長処分…同僚の手錠や警察手帳を破棄

管理人一言コメント・警察内部は人間関係が悪い、悪い!

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 同僚の警察手帳や手錠、警棒を捨てたとして、警視庁は12日、器物損壊容疑で教養課の男性巡査長(27)を書類送検し、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とした。

「同僚が気に入らず、困らせようとした」などと容疑を認め、同日付で依願退職した。送検容疑は、12年11月~昨年12月、同僚3人の警棒2本と手錠1個、警察手帳1冊をロッカーなどから持ち去り、今年1月上旬、東京都江東区の埋め立て地近くの海や、コンビニのごみ箱に捨てた疑い。警棒1本以外は見つかっていない。

 巡査長は、北沢署や機動隊勤務を経て、昨春から庁内で柔道の指導者を養成するコースに「武道専科生」として所属していた

14'5 神奈川県警 巡査部長、覚醒剤使用容疑で逮捕 警視庁

管理人一言コメント・何でもやります警官ですから。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 覚醒剤を使用したとして、警視庁は12日、神奈川県警相模原署地域課の巡査部長、飯田兼一容疑者(40)=横浜市青葉区鴨志田町=を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで緊急逮捕し、発表した。「覚醒剤を使っていません」などと容疑を否認しているという。

 組織犯罪対策5課によると、飯田容疑者は4月下旬から5月12日までの間のいずれかに、覚醒剤を使った疑いがある。

 自動車警ら隊の隊員が12日午後2時20分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町2丁目の路上で、不審な挙動を見せていた飯田容疑者に職務質問。新宿署に任意同行して採尿したところ、覚醒剤の陽性反応が出た。飯田容疑者は同日が非番の日だったという。

 県警の小清水芳則・監察官室長は「警察官としてあるまじき行為であり、誠に遺憾であります。捜査結果および調査結果を踏まえて、厳正に対処いたします」とのコメントを出した。

14'5 長野県警 逮捕報告書「漫然と」一斉誤送信…当直警部補

管理人一言コメント・しっかりして下さいよ!

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長野県警が傷害事件の広報文を報道各社にファクスする際、被疑者逮捕報告書や弁解録取書の捜査書類を一緒に送信した問題で、誤送信した県警本部の当直員の男性警部補(42)が「漫然としていて、しっかりと確認しなかった」と説明していることが11日、県警への取材でわかった。


 捜査書類には、勤務先や被害者の実名などの個人情報が記載されていた。

 誤送信があったのは、上田市の会社員の男(42)が10日午前1時半頃、同居の妻(38)に暴行を加えて約1週間のけがを負わせたとして、上田署が同日午後9時38分に傷害容疑で逮捕した事件。

 男性警部補が同11時5分頃、広報文と一緒に長野司法記者クラブに加盟する全16社にファクス。加盟社からの指摘で誤送信に気付いた。逮捕報告書や弁解録取書は、当直員が広報文の内容に間違いがないかを確認するため、同署が本部に送ったものだった。

 県警広報相談課によると、各署の広報文は夜間や休日については、警部以下6人態勢の本部の当直員によって加盟社へ一斉ファクスされている。

 逮捕報告書には、男の氏名や住所など、広報文に記載されている内容だけでなく、被害者である妻の実名や男の生年月日、健康状態、被害者の処罰意思などが記載されており、「犯歴無」「所属暴力団及び地位なし」などとも書かれていた。弁解録取書には、容疑を認める男の供述が記され、男の署名と指印があった。

 県警のファクス誤送信は昨年もあった。個人情報などは含まれていなかったものの、木曽署が昨年4月、県の出先機関へ送るはずの内部文書を読売新聞を含む一部報道機関へ誤ってファクスしている。

 岡本努・警務部長は「被害者ら関係者に大変申し訳ない。(担当者の)処分については、調査をした上で判断したい」とのコメントを出した。

プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード