14'12 大阪府警 巡査部長、少女の裸撮影=容疑で書類送検

管理人一言コメント・こんなのばかりだ。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警住吉署刑事課の男性巡査部長(47)が上半身裸の女子高校生の写真を撮影したとして、府警が捜査していることが、12日分かった。「思い出に残したかった」などと事実関係を認めており、府警は近く児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検する方針。

 府警監察室によると、巡査部長は6月下旬、大阪府枚方市で、上半身裸の高校2年女子生徒(17)の写真をスマートフォンで撮影した疑いが持たれている。川沿いに止めた車内で花火大会を観覧しながら撮影した。
 巡査部長は同月中旬、出会い系アプリを通じて生徒と知り合ったという。

14'12 千葉県警、酒気帯び運転で巡査部長を処分

管理人一言コメント・後を絶たない警官の飲酒運転、本件も氷山の一角。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警監察官室は12日、酒気帯び運転で、八千代署地域課の男性巡査部長(54)を処分にしたと発表した。

 同室によると、八千代署の巡査部長は11月18日午後、千葉市若葉区の市道で、オートバイを酒気帯び運転中に転倒。千葉東署員に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発され、停職6カ月の懲戒処分を受けた。「荷物があり、バスに乗るのが面倒だった」などと話しており、12日付で依願退職した。


14'12 埼玉県警 手続き誤り緊急逮捕 警部補、法の要件確認せず 東入間署

管理人一言コメント・こんなもんです警察は。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は12日、東入間署の男性警部補が、法律条文の要件を確認せず、酒気帯び運転の同乗者を誤って緊急逮捕したと発表した。同署は、いったん男を釈放、逮捕状を請求し、その後通常逮捕した。

 同署は同日朝、三芳町藤久保のガソリンスタンドで、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、自称建築作業員男と同法違反(酒気帯び運転同乗者)の疑いで、建築作業員男=いずれも(23)=を緊急逮捕した。

 緊急逮捕をするには、懲役3年以上に当たる罪であることが要件。県警交通指導課によると、男性警部補は、同乗者を緊急逮捕する際、条文を確認せず懲役2年以下の道交法違反(酒気帯び運転同乗者)を適用したという。

 同日午前4時15分ごろ、ガソリンスタンドの男性店員から、「不審車両がある」と110番。同署員が駆け付けたところ、2人が軽乗用車に乗っていたという。呼気を調べたところ、規定値を上回るアルコール分を検知。2人が任意同行を拒んだため、緊急逮捕した。別の警察官が誤りに気付き、同乗者男を釈放。調べの中で同乗者が車を運転手に貸していたことが分かり、同法違反(車両提供)の疑いで通常逮捕した。

 東入間署の山崎利信副署長は、「適正な逮捕手続きについて指導を徹底し、再発に努める」とコメントしている。

14'12 千葉県警 証拠品のミラー廃棄 容疑の警部補ら書類送検

管理人一言コメント・警察の捜査はこんなもんです。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警は12日、当て逃げ事故の現場に落ちていた車のバックミラーを廃棄したとして、証拠隠滅の疑いで館山署地域課の警部補男性(60)と当時同課に勤務していた巡査部長男性(31)を書類送検し、警部補を戒告の懲戒処分にした。

 県警監察官室によると、警部補は昨年2月5日に南房総市和田町内で民家の物置や車庫が壊された当て逃げ事故で、現場に残っていた車のバックミラー1個について、巡査部長に証拠品として扱わずにただ保管するように指示。巡査部長はミラーを交番内の個人ロッカーに保管したうえ、同3月26日、異動に伴いゴミ捨て場に捨てたとされる。

 今年9月初旬、被害者男性から捜査状況の問い合わせがあり発覚。警部補は「ミラーでは容疑者の特定はできないと思った。安易な気持ちで指示し、その後忘れた」と説明。巡査部長は「証拠品化しないことは良くないと思ったが、上司の指示に従った」と話したという。

 ミラーの他に遺留品はなく、事故捜査は継続中。同室は「ミラーがあれば容疑者にたどり着いた可能性は否定できない」としており、「警察の信頼を損ね関係者に深くおわびする」と述べた。

14'12 埼玉県警 事件現場の足跡を変造容疑 警部補を書類送検

管理人一言コメント・指紋の採取では取調室で採取した指紋を犯罪現場で採取したようにやる手口、即席でもやる警察、氷山の一角だ。

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 窃盗事件の現場から採取した足跡が鮮明に見えるよう、後から手を加えて変造したとして、埼玉県警は11日、捜査3課の男性警部補(54)を証拠隠滅の疑いで書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。警部補は「起訴するには物証が足りないと思った」と容疑を認めており、同日付で依願退職した。

 監察官室によると、窃盗事件の捜査を担当していた警部補は8月19日、押収した靴を使い、現場から採取した足跡の鑑識資料に土をつけ、より鮮明に見えるように変造した疑いがある。

 足跡が鮮明すぎることに鑑識課員が気づき、警部補の上司が問いただしたところ、不正を認めたという。変造されたのは、連続窃盗容疑で逮捕された容疑者が関与を認めた余罪の証拠。さいたま地検はこの余罪分の容疑を不起訴とした。

 布川賢二首席監察官は「証拠品の管理及び指導を徹底したい」とコメントした。

14'12 宮城県警 大和署の巡査長 捜査書類、時効まで放置

管理人一言コメント・助けようがない。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警は10日、捜査書類を自宅に持ち帰り、時効が成立するまで放置したとして、大和署地域課の男性巡査長(55)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。巡査長は同日、依願退職した。

 監察課の発表によると、巡査長は塩釜署地域課に勤務していた2003年3月~05年6月、自転車窃盗やシンナーの吸引などが疑われる6事件の捜査書類41点を自宅に持ち帰り、時効まで放置した。巡査長は「事件の処理が面倒だった」と話しているという。

 大原光博・警務部長は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。県警は巡査長の氏名を公表していない。

14'12 長崎県警 駐車場で事故起こした疑い、巡査を書類送検

管理人一言コメント・これが警官の姿。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長崎市内の立体駐車場で7月、県南部の警察署に勤務する20代の男性巡査が事故を起こし女性2人にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで長崎区検に書類送検されていたことが10日、県警への取材で分かった。送検は9月11日付。巡査は同日、戒告の懲戒処分を受けた。

 県警監察課によると、巡査は7月31日午後2時ごろ、商業施設の立体駐車場で乗用車をバックさせた際、止まっていた軽乗用車に衝突。乗っていた20代と40代の女性の首に軽いけがをさせた疑いがある。巡査はそのまま逃げた。「大したことないと思った。上司にばれたら怒られると思った」と話しているという。

 巡査は非番で、自分の車を運転していた。逃げた後、立体駐車場の別の階で駐車中の車に接触する事故も起こしたという。監察課は「若手職員への指導、教養を徹底し再発防止と信頼回復に努める」としている。

14'12 北海道警 方面本部交通課長を更迭

管理人一言コメント・何なりの不祥事。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 道警は4日、函館方面本部交通課長の吉泉丞警視(56)を5日付で同本部付に更迭する人事異動を発表した。

 道警監察官室は「今春以降に私的に不適切な行為をした疑いがあり、調査中」としているが、「関係者に精神的な負担がかかる」「職務上の非違事案ではない」として詳細は明らかにしていない。

14'12 茨城県警 署員が「捜査が面倒」と書類を偽造

管理人一言コメント・やる気が無い警官の多いこと。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 茨城県警は12月5日、捜査書類を自宅に隠したり、ウソの捜査書類を作ったりしたとして、日立署地域課の男性警察官4人を、虚偽有印公文書作成・同行使や公文書毀棄(きき)などの容疑で書類送検した。

 全員容疑を認めており、巡査(23)を減給(10分の1)1カ月の懲戒処分、別の巡査(27)、38歳と31歳の巡査部長の3人を本部長訓戒とした。2人の巡査は同日付で、依願退職した。監督責任などから、当時の同課長だった40代の警部ら計7人も本部長訓戒などとした。

 県警によると、23歳の巡査は12年に少年に職務質問した際、盗難自転車を発見したにもかかわらず、自ら放置自転車を見つけたとする偽造書類3点を作成した。さらに、11年8月~13年7月に取り扱った窃盗事件などの捜査書類54点を、交番の個人ロッカーや独身寮の部屋に隠した疑いがもたれている。

 27歳の巡査は10~12年、器物損壊事件の実況見分調書など6点を自宅に隠すなどしていた。

 38歳と31歳の巡査部長は、08年、盗難自転車を巡り、偽造書類2点を作成するなどした。

 それぞれ、「捜査が面倒だった」「書類の不備などで上司に怒られるのが怖かった」などと話している。

 県警の吉田浩一監察室長は「県民に深くお詫びします。今後は業務管理の徹底を図り、再発防止を推進する」とコメントした。


14'12 警視庁 巡査長と警部補を懲戒免職 強盗強姦、児童買春容疑など

管理人一言コメント・警視庁はこんなもんです。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警視庁は5日、強盗強姦(ごうかん)容疑などで逮捕された警視庁上野署生活安全課の巡査長林尚弘容疑者(35)=千葉県松戸市松飛台=と、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで逮捕された同庁大森署刑事組織犯罪対策課の警部補徳重雄二容疑者(44)=東京都葛飾区新小岩=をそれぞれ懲戒免職にした。

14'12 警視庁 警部補、別の少女買春の疑いで再逮捕

管理人一言コメント・助けようがない。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 児童買春の疑いで逮捕された警視庁の警察官が、去年5月にも別の女子中学生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、再逮捕された。

 逮捕された警視庁大森警察署・刑事組織犯罪対策課の警部補・徳重雄二容疑者(44)は、去年5月、千葉県船橋市のホテルで、18歳未満と知りながら当時中学3年の女子生徒(16)に現金6万5000円を渡してみだらな行為をした疑いが持たれている。

 徳重容疑者は「なんでも」というハンドルネームで出会い系サイトなどを利用していて、この女子生徒が警察に相談した際にハンドルネームを覚えていたことから徳重容疑者が浮上した。

 取り調べに対して徳重容疑者は「若い女性に興味があった」などと容疑を認めている。

 徳重容疑者はこれまで、別の少女への児童買春の疑いで逮捕されたほか、先月、職務質問をした捜査員に体当たりしたとして逮捕されている。

14'12 福島県警 パトカー追跡による 巻き添え出会い頭衝突

管理人一言コメント・巻き添え事故は警察の責任。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4日午前0時ごろ、福島県会津若松市内の市道で、パトカーの追跡を受けていた軽乗用車が一時停止を無視して交差点に進入。交差進行してきたクルマと出会い頭に衝突する事故が起きた。運転者はクルマを現場へ放置して逃走を続けている。

福島県警・会津若松署によると、同市内をパトロールしていた署員が一時停止を無視した軽乗用車を発見。停止を命じたが、クルマはこれを無視して逃走した。

署員はパトカーでの追跡を開始。クルマは約1kmに渡って逃走したが、会津若松市城東町付近の丁字路交差点でも一時停止を無視して進入したところ、右方向から交差進行してきた別の軽乗用車と出会い頭に衝突する事故が起きた。

この事故で交差側のクルマを運転していた30歳の女性が打撲などの軽傷。逃走車は縁石へ乗り上げて立ち往生したが、運転者は車両をその場に放置してさらに逃走している。

現場には信号機が設置されており、当時は逃走車側が赤色点滅、女性側が黄色点滅だった。警察では道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で運転者の行方を捜すとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

14'12 富山県警 スカート内盗撮容疑で巡査長を逮捕

管理人一言コメント・この種警官による犯罪の多いこと。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女子高生のスカート内を盗撮しようとしたとして、富山県警は2日、富山西署地域課巡査長の高木竜太郎容疑者(25)=富山市八尾町上新町=を県迷惑防止条例違反(ひわいな言動)容疑で逮捕し、発表した。「本当に申し訳ないことをした」と容疑を認めているという。

 県警監察官室によると、高木容疑者は1日午後2時50分ごろ、富山市中心部の商業施設内で、女子高校生(18)の背後から、買い物かごに入れたスマートフォンを差し入れてスカート内を盗撮しようとした疑いがある。高木容疑者は休みだったという。

14'12 埼玉県警 葬儀前気付く…警察、遺族に別人の遺体引き渡す

管理人一言コメント・助けようがない。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 埼玉県警は1日、変死体として取り扱った同県所沢市の70歳代男性の遺体を遺族に返す際、所沢署が誤って別人の遺体を引き渡していたと発表した。

 葬儀前に気付いて遺族に返し、謝罪した。

 発表によると、同署刑事課の巡査部長(32)ら3人は11月28日午後、70歳代男性の遺体を引き取りに来た葬儀業者に、安置室にあった同市の50歳代男性の遺体を引き渡した。巡査部長らは「50歳代男性の遺体がストレッチャーにのせられていたため、引き渡す準備がしてあると思った」と話したという。30日午前、50歳代男性の遺体引き渡しの際、遺体がなかったため取り違えが判明した。

 いずれも27日に自宅で死亡しているのが見つかり、変死体として扱ったが、同署は事件性がないと判断し、安置室で保管していた。

 巡査部長らは、遺体の手首と遺体を包む袋に取り付けられていた名前などが書かれた識別札を確認しなかったという。同県警本部長通達では、引き渡しの際、警部補以上の立ち会いを必要としているが、同署はこれもしていなかった。

14'12 愛媛県警 実弾入り拳銃、ロッカーに2日放置した巡査部長

管理人一言コメント・処分が軽すぎる。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 拳銃を警察署内の個人ロッカーに2日間放置したとして、愛媛県警が交番勤務の男性巡査部長を本部長注意処分にしていたことが分かった。

 処分は11月14日付。県警は、巡査部長の所属や氏名、年齢を明らかにしていない。

 県警監察官室によると、巡査部長は9月18日午後1時半頃、勤務後に署内の更衣室で着替える際、実弾入りの拳銃を付けたベルトを個人ロッカーに入れた。20日午前7時40分頃に出勤し、拳銃の保管庫に入れていないことに気づき、上司に報告。巡査部長は「疲れていて入れるのを忘れていた」と話しているという。

 県警の内規では、拳銃と実弾は保管庫で管理。上司らが立ち会って出し入れを行い、出入庫の記録を本人が記すように定められている。しかし巡査部長は上司らへの立ち会い依頼と入庫の記録を忘れたという。

 署は、日に1回保管庫の点検を行っていたが、担当者は気付かなかったという。点検担当者や上司については、「業務管理の状況を総合的に判断した」として処分はしなかった。

 県警では、2月にも実弾入りの拳銃を交番の押し入れに約3時間放置したとして、交番勤務の男性巡査を本部長注意処分にしている。監察官室は「指導を徹底し、管理方法などを抜本的に改善して再発防止に努めたい」としている。

14'11 大阪府警 警察学校の元教え子の体さわる、口止めも 警部補を逮捕

管理人一言コメント・大阪府警ですからなんでもやります。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 警察学校の教え子だった女性警察官を脅して体を触ったとして、大阪府警は29日、強制わいせつの疑いで、府警捜査4課警部補、大川博之容疑者(43)=同府泉大津市板原町=を逮捕した。

 府警監察室によると、大川容疑者は10月3日付で異動するまで府警警察学校の教官を務めていた。10月11日昼ごろ、教え子だった20代の女性警察官を呼び出し、大阪市内の居酒屋などで飲食。午後8時半ごろから女性の同期が暮らす職員住宅に上がり込み、酒に酔った女性が別室で寝たところを布団の中に入り込んだという。

 逮捕容疑は同日深夜、女性の下着の中に手を入れ、胸や尻を触ったとしている。
 女性は「やめてください」と抵抗したが、大川容疑者は「声を出したら聞こえるぞ、ばれてもいいんか」と脅迫。翌12日には「内緒やぞ」と口止めのメールを送ったという。

 大川容疑者は調べに対し「事実は少し違う」と容疑を否認しているという。
 大村喜一監察室長は「教官の立場を利用した言語道断の行為で極めて遺憾」とコメントした。

14'11 大阪府警 「警察官が暴行、資料も虚偽」 大阪地裁、府に賠償命令

管理人一言コメント・大阪府警のやることは、こんなもんです。

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪府警の警察官から暴行を受けて重傷を負ったとして、かつて路上生活をしていた男性(57)が府警を所管する大阪府に260万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。古谷(ふるや)恭一郎裁判長は「違法な暴行だった」と指摘。男性を現行犯逮捕したとする手続き書には虚偽の内容が含まれ、訴訟でうそを言ったとも認定し、大阪府に136万円を支払うよう命じた。

 判決によると、男性は2010年11月16日夜、空のアルミ缶を詰め込んだ袋を自転車の荷台に載せ、大阪府高槻市内を走行。バイクに乗った高槻署の男性巡査部長と男性巡査から止まるように声をかけられたが、走り続けた。その後、巡査部長らのバイクから幅寄せされ、バランスを崩して転倒。抗議をするために近づいた男性は巡査部長から道路上に投げ飛ばされるなどし、肋骨(ろっこつ)やひざの骨が折れる重傷を負った。

 巡査部長らは「公務執行妨害の現行犯として逮捕するためだった」と主張したが、判決は「男性がとった行動は公務執行妨害にあたるものではなかった」と指摘。男性の負傷状況を鑑定した専門家の意見などを踏まえ、「投げ飛ばすなどした行為は男性の自由を制限し、けがをさせる違法な暴行だった」と判断した。

 判決は、現行犯逮捕の直後に作られなければならない手続き書にも言及。当初「平成22年12月11日」と書かれていた逮捕日が「11月16日」に訂正されており、逮捕直後に作られたものではないことがうかがわれると指摘した。また、巡査部長は警察署から病院に行った男性に同行していなかったのに、手続き書には「病院で別の警察官に引き渡した」と記していたとし、内容は虚偽と認定した。

14'11 神奈川県警 巡査長ら3人を処分 わいせつや盗撮

管理人一言コメント・こんなのばかりだ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 神奈川県警監察官室は28日、職員3人を減給処分にしたと発表した。いずれも県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕、書類送検されており、28日付で自主退職した。

 鉄道警察隊の男性巡査長(30)は10月28日夜、JR平塚駅(平塚市)の駐輪場で女子大生(19)の下半身を触ったとして逮捕され、小田原簡易裁判所に罰金の略式命令を受けた。

 相模原署地域1課の男性巡査(24)は10月17日夕、横浜市西区の商業施設で女子高生(18)のスカートの中に下着を撮影する目的でスマートフォンを入れたとして、11月28日に書類送検された。

 第2機動隊の男性巡査(27)は10月23日夜、新横浜駅(同市港北区)の階段で、女性教諭(40)の下半身をスマートフォンで動画撮影したとして、11月28日に書類送検された。


14'11 宮崎県警 24歳男性巡査が交番で拳銃自殺 都城署

管理人一言コメント・ご冥福を。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 宮崎県警は27日、都城署地域課の男性巡査(24)が同日午前、勤務していた都城市都北町の沖水交番の仮眠室で拳銃自殺したと明らかにした。

 室内から遺書のようなメモ書きが見つかり、同僚や家族への言葉が書かれていたが、動機に関する言及はなかったという。
 
 監察課によると午前7時10分ごろ、巡査が仮眠室から起きてこないのを不審に思った同僚の男性警察官が遺体を発見した。2人とも午前7時までは仮眠時間で、同僚は銃声に気付かなかったとしている。

 遺体は制服姿で、布団の上にあおむけ状態で見つかった。拳銃は胸の上にあり、額に向け1発発射したとみられる。

14'11 宮城県警 実家に住む警官、住居手当72万円を不正受給

管理人一言コメント・警官ですから何でもやります。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 宮城県警は26日、虚偽の届け出をして住居手当72万9000円を不正に受給したとして、交通機動隊の巡査長の男(27)を詐欺容疑で仙台地検に書類送検するとともに、停職3か月の懲戒処分にした。

 巡査長は同日付で依願退職した。

 発表によると、巡査長は実際には県北の実家に住んでいたのに、実家敷地内で母が経営する下宿に居住していると偽り、計27か月分の住居手当(月額2万7000円)を県からだまし取った疑い。

 別の手当を受給するため巡査長が提出した住民票の世帯主に、巡査長の父の名前が記載されていたことから、8月中旬に発覚した。巡査長は虚偽の申請をしたと認め、全額を返納したという。大原光博・警務部長は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。県警は巡査長の氏名を公表しない理由について「個人が特定されるため」としている。

14'11 大阪府警 府警本部で拳銃自殺 男性巡査部長がトイレで

管理人一言コメント・ご冥福を。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 27日午前9時ごろ、大阪市中央区にある大阪府警本部地下1階の男子トイレ個室で、公安2課の男性巡査部長(41)が口や頭部から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 東署によると、拳銃が個室内で発見されており、自殺とみられるという。

 同署によると、巡査部長は制服姿で、個室は内側から施錠されていた。出入り業者の男性が血が流れ出ているのに気付いて通報。駆け付けた警察官がドアをよじ登って発見した。

14'11 青森県警 パワハラで警視ら3人注意 1年以上暴言 容姿を侮辱する発言も

管理人一言コメント・こんなことでは仕事がやりにくいことだろう。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 青森県警の男性警視ら3人が部下に暴言などのパワーハラスメントを1年間以上繰り返し、9月に本部長注意となっていたことが25日、共同通信の情報公開請求で分かった。

 監察課によると、県南部の警察署に勤務する警視と男性警部は昨年4月からことし6月ごろまでの間、署内のほかの職員がいる前で、男性警察官4、5人に「仕事が遅い。早く報告しろ」などと暴言を繰り返した。

 数日間続くこともあり、容姿を侮辱する発言もあった。部下の1人は体調不良を訴え通院したという。警視らは「部下のためを思って指導したが、行き過ぎていた」と話している。

 また県警本部に所属する男性巡査部長は2012年4月から昨年6月ごろまでの間、部下に業務指導する際に「仕事を辞めろ」などとののしった上、部下が自家用車で出勤する際、自宅アパートまで複数回、送迎させていた。

 監察課は「再発防止に努める」とした。

14'11 熊本県警 東署の20代男性巡査を酒気帯び容疑で摘発

管理人一言コメント・身内に甘い。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 熊本東署の男性警察官が23日未明、熊本市内で道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発されたことが25日、分かった。

 県警によると、摘発されたのは同署地域課の20代男性巡査。同市内で車を運転し、飲酒運転の検問を受け、基準値を超えるアルコール濃度が検出されたとして、交通違反切符を切られた。巡査は非番だったという。

 県警監察課は「逃亡や証拠隠滅の恐れがなく、逮捕しなかった。内部調査を進めており、名前や詳しい飲酒状況などは明らかにしない」としている。

 中村敏就次席は「酒気帯び運転容疑で摘発されたのは誠に遺憾。事実関係を調査し、厳正に対処する」と話した。

14'11 三重県警 17歳少女にみだらな行為、巡査部長を逮捕 愛知県警

管理人一言コメント・警官による、この種犯罪の多いこと。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、愛知県警中村署は22日、三重県桑名市、同県警桑名署生活安全課巡査部長、滝秀虎容疑者(26)を愛知県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した。

 発表によると、滝容疑者は今年2月8日から9日までの間、名古屋市中川区の無職少女(当時17歳)が18歳に満たないと知りながら、同市中村区のホテルでみだらな行為をした疑い。滝容疑者は昨年12月頃、同市内の居酒屋で少女に声をかけて知り合ったといい、調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。

 三重県警では今年7月、大台署巡査が同様の容疑で山梨県警に逮捕されている。三重県警の赤坂正行首席監察官は「同種事案で今年に入り、本県の警察官に2人目の逮捕者が出たことは誠に遺憾で、厳粛に受け止めている。愛知県警の捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」とコメントした。

14'11 警視庁 強盗強姦の疑い巡査長を再逮捕 千葉県警

管理人一言コメント・警視庁はワルが多い。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県警は21日、就寝中の20代の女性に乱暴し現金を奪ったとして、強盗強姦(ごうかん)と住居侵入の疑いで、警視庁上野署生活安全課巡査長の林尚弘容疑者(35=千葉県松戸市)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、6月16日午前3時25分ごろ、同県内の女性宅に2階の窓から侵入。枕をナイフのようなもので突き刺し「騒ぐな、殺すぞ」と脅して乱暴し1万5000円や下着を奪った疑い。女性は右手の指を切り3週間のけが。県警によると、容疑を大筋で認めている。

 捜査関係者によると、遺留品から検出されたDNA型が林容疑者と一致した。自宅などから盗品とみられるナンバープレートや大量の女性用下着を押収しており、県警は事情を聴く。


 林容疑者は10月に同県松戸市の男性会社員宅に侵入し3万円やカメラを盗んだとして今月、窃盗容疑などで逮捕、起訴された。

 警視庁によると、林容疑者は2006年11月に採用され、12年9月から上野署で勤務していた。同署では少年事件などを担当していたという。

 警視庁の森元良幸警務部参事官は「警察官として言語道断の行為で遺憾の極み。被害者に深くおわびし、捜査状況を踏まえ厳正に対処する」とのコメントを出した。(

14'11 愛知県警 交通課警部補、飲酒後に事故の疑い 懲戒免職

管理人一言コメント・後を絶たない飲酒運転、氷山の一角。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 酒を飲んで乗用車を運転し、事故を起こしたとして、愛知県警は21日、刈谷署交通課の黒谷昌且警部補(54)=同県東海市=を道路交通法違反(酒気帯び運転など)の疑いで書類送検し、発表した。県警は同日付で懲戒免職にした。

 監察官室によると、黒谷警部補は10月29日午前10時5分ごろ、同県大府市桜木町5丁目の知北平和公園内で、日本酒を瓶(300ミリリットル)で4本飲んで乗用車を運転、自損事故を起こした疑いがある。呼気1リットルから0・8ミリグラムのアルコールが検出され、駆けつけた警察官が同法違反容疑で現行犯逮捕していた。

 黒谷警部補はこの日、出勤しようと自宅を出たが、体調不良を理由に欠勤。その後、コンビニエンスストアで酒を買っていた。「眠るために車内で酒を飲んだ」と話しているという。

14'11 栃木県警 駅に拳銃置き忘れた女巡査部長を減給 

管理人一言コメント・処分が軽すぎる。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県警機動捜査隊の女性巡査部長(42)が10月、JR今市駅のトイレに実弾入り拳銃を置き忘れた問題で、県警監察課は20日、巡査部長を減給100分の10(1月)の懲戒処分にしたと発表した。

 県警によると、巡査部長は10月31日午後5時10分ごろ、捜査中に同駅の女性トイレに立ち寄り、拳銃や手錠、特殊警棒を装着していたベルトを外して壁のフックに掛け、そのまま置き忘れたという。約10分後にトイレを利用しようとした客がベルトを発見し、駅員を通じて今市署に通報。連絡を受けた女性巡査部長が拳銃などを取りに行った。

 県警首席監察官は「県民の皆さまに不安を与えましたことを深くおわび申し上げます。拳銃の取り扱いにつきまして、これまで以上に警察官に対する指導教養などを徹底し、再発防止に努めてまいる所存であります」とコメントした。


14'11 愛知県警 拳銃の銃弾1発紛失…巡査「記憶が曖昧だ」

管理人一言コメント・定められたことをチャンとしないと、こんなことになる。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愛知県警春日井署は19日、銃弾1発を紛失したと発表した。

 同署は弾の発見を急ぐと共に、経緯を詳しく調べている。

 発表によると、18日午前8時40分頃、署の庁舎内で、地域課男性巡査(24)が勤務に就くため、拳銃に弾を装填(そうてん)しようとしたところ、銃弾1発が足りないことに気づき、上司に申し出た。

 男性巡査は12日に交番で勤務し、勤務を終えた13日午後0時50分頃に署の保管庫に拳銃を納めたが、その際に銃弾の数を確認したかどうかについては、「記憶が曖昧だ」と話しているという。

 拳銃と銃弾は個人で決められた物を使用。保管庫は施錠され、拳銃などの出し入れの際は、警部補以上の幹部が鍵を開けて立ち会う。13日は男性警部補(34)と確認した上で保管し、帳簿にも記録されているという。

 同署の大友重幸副署長は「弾の捜索を綿密に実施し、拳銃の取り扱いに関する教養を徹底して再発防止に努める」とコメントした。

14'11 富山県警 家族の定期券なら使用可? 不正乗車の巡査長処分

管理人一言コメント・何でもやります。

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 家族の定期券で電車に乗ったとして富山県警が17日までに巡査長を本部長訓戒としていたことが分かった。処分は10月30日付。

 県警は「懲戒処分ではなく、公表対象ではない」として巡査長の性別、年齢、所属、不正乗車した鉄道会社などを明らかにしていない。

 県警監察官室によると、4月以降の休日に富山市周辺で不正乗車を繰り返していた。9月に車掌が気付き、車内に乗り合わせた人が県警に通報したという。

 巡査長は「家族の定期券なら使ってよいという軽率な考えでやってしまった」と話している。鉄道会社に謝罪し、不正乗車した分の運賃も支払ったという。

 監察官室は「警察官がこのような行為を起こし、大変遺憾。指導と管理を徹底する」としている。

14'11 広島県警 コンビニでたばこ万引の巡査部長逮捕

管理人一言コメント・高給取りの警官が万引きとは。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 広島県警高速隊の40代の巡査部長が6日、広島県府中町のコンビニエンスストアでたばこを万引したとして、窃盗の疑いで現行犯逮捕されていたことが17日、県警への取材で分かった。

 県警監察官室によると、巡査部長は従業員に取り押さえられ、逮捕から数時間後に釈放された。任意で捜査している。

 県警は逮捕事実を公表していなかった。監察官室は「一般人と同じ判断基準で、留置前に釈放しているため発表しなかった」と説明している。

プロフィール

Author:seigi002
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、悲劇 組織犯罪集団・日本の警察ブログです。



↓ランキング・クリックしてね・正義

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード